Press Release
2002年度
ソニーミュージックグループが"レーベルゲートCD"を発売
〜音楽CDの著作権保護のために〜

2002年11月20日

 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区、代表取締役 
岸栄司、以下SMEJ)を本社とするソニーミュージックグループのレーベルカンパニーから音楽の著作権保護機能を付加した"レーベルゲートCD" (*1)を発売いたします。
 ソニーミュージックグループでは、デジタル・ネットワーク時代に対応した音楽CDの著作権保護について検討を重ねてまいりました。このたび、デジタル・ネットワーク時代における音楽ユーザーのニーズや利便性を考慮した上で、作詞家・作曲家やアーティストの権利を適正に保護するネットワーク認証型CCCD"レーベルゲートCD"を発売することにより、音楽をパソコンで楽しむことのできる環境を音楽ユーザーに提示するとともに、「音楽創造のサイクル」の健全なる維持に努めてまいります。
 また、この"レーベルゲートCD"の採用を他のレコード会社に対しても広く呼びかけており積極的にご検討いただいております。

  1. 発売商品:
    2003年1月22日以降、ソニーミュージックグループのレーベルカンパニーから発売される邦楽CD12cmシングルの全タイトルを"レーベルゲートCD"として発売する予定です。
  2. 採用する著作権保護機能:
    1枚の "レーベルゲートCD"は以下の2つのセッションから構成されています。
    ●1stセッション
    従来のCDと同様の民生用オーディオ機器向け音源については、パソコンでの再生を不可とするコピーコントロールを施しています。
    ●2ndセッション
    パソコン機器向けに音楽配信と同等の音質の暗号化された圧縮音源が入っており、インターネットで個別認証する方法によりパソコンでの再生・複製をコントロールしています。
  3. 再生および録音(複製)方法:
    ●1stセッション
    民生用オーディオ機器でそのまま再生でき、カセットテープ等へのアナログ録音、SCMS(*2)にもとづいたMD等へのデジタル録音ができます。
    但し、MP3再生対応CDプレーヤーおよびCD−ROM再生方式採用のカーオーディオ等では再生・録音できない場合があります。
    2ndセッション
    パソコンではインターネットでの個別認証手続き完了後、ハードディスクへ複製された音楽データを音楽再生ソフトウエア"MAGIQLIP"(*3)にて再生できます。また、ハードディスクに複製された音楽データはNet MD等の"OpenMG"(*4)に対応した機器等へ指定された回数で"チェックイン・チェックアウト"(*5)ができます。
    なお、ハードディスクへの複製については、個別認証手続きにて複製回数をカウントすることにより、パッケージ毎に定められた課金が発生することになります。
    ※ 一回目の複製は当面の間は0円課金とします。


    【2ndセッションの使用方法】



  4. 音質について
    SMEJでは、CDの音質をマスターテープに限りなく近づけるための改善を継続して行っており、これまで高精度でピュアなデジタル伝送技術である"ピュア・デジタル・リンク・システム(PDLS)"を導入してまいりました。このたび、「カッティング工程のためのPDLS」の開発に成功し、更なる音質改善を実現いたしました。(別紙資料参照)この技術はレーベルゲートCDにも使用されているため、ユーザーにもご満足いただける音質でレーベルゲートCDの音楽を楽しんでいただけるものと考えています。
  5. カスタマーサポート体制について
    レーベルゲートCDにつきましては、SMEJお客様相談室にて消費者向けのサポート体制を整えます。
    レーベルゲートCD・お問い合せホームページhttp://www.sonymusic.co.jp/cccd/)

※用語説明
(*1)="レーベルゲートCD"は複数の技術を複合的に組み合わせたサービス仕様であ
り、SMEJの提唱に基づき、株式会社レーベルゲート、株式会社ソニー・ディスクテクノロジー、ソニー株式会社と共同で開発したものです。レーベルゲートのシステムを使用してインターネットでの個別認証手続きをとるため、本名称を採用しています。
(*2)=SCMS(シリアル・コピー・マネジメント・システム)。MD、DATで採用されている著作権保護システム。
(*3)="MAGIQLIP"は、レーベルゲートMQ方式の音楽配信にも準拠したWindows対応の音楽再生ソフトウエアです。
(*4)="OpenMG" は、デジタル音楽コンテンツを管理保護するソフトウエア技術です。
(*5)=パソコンからOpenMG対応外部機器・メディアへ音楽ファイルを転送することを
「チェックアウト」、外部機器・メディアへチェックアウトした音楽ファイルをパソコンに戻すことを「チェックイン」といいます。

※参考:パソコン機器での再生・複製に必要な動作環境について
●対応OS…Windows 98SE、Windows ME、Windows 2000 ServicePack2、
Windows XP Home Edition/ Professional
●対応ハードウエア…
□CPU:MMX Pentium 233 MHz以上。メモリ:64 MB以上。
□ ハードディスクの空き容量:50MB以上。使用しているOSのバージョンによっては、50MB以上使用する場合があります。また、曲データを保存するための領域が1曲あたり5MB程度さらに必要になります。
□ディスプレイ:800x480以上 High Color(16bit)以上。
●その他の環境…
□Webブラウザ:Internet Explorer のバージョン4.0以降。
□通信環境:28.8 kbps以上の通信速度を推奨。

【参考資料】
音質改善を目的とした「カッティング工程のための"ピュア・デジタル・リンク・システム(PDLS)"」の開発ならびにレーベルゲートCDへの応用について

以 上

◆本件に関するお問い合わせ先
(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント 広報室
CLOSE