プレスリリース

ボブ・ディラン 最新ブートレッグ・シリーズと世界初CD化となる限定モノ・ボックス、今秋リリース決定! ~

2010年8月25日
株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役 中山道彦)は、この秋、ロック界最重要アーティスト、ボブ・ディランの、ロック史に残る重要な2アイテムをリリースすることを発表いたします。
一つは録音から半世紀を経て遂に明らかになる貴重な音源集『ザ・ブートレッグ・シリーズ第9集:ザ・ウィットマーク・デモ』。2008年以来2年振りとなるブートレッグ・シリーズの新作は、ディランが音楽出版社用に録音した47曲のオリジナル・デモ・レコーディングを収録。「風に吹かれて」他音楽史上最も重要な不滅の名曲の数々の原石の輝きが遂に日の目を見ます。
そして、もう一つは、昨年狂乱の争奪戦となったビートルズ・モノ・ボックスの記憶も新しい中、世界初CD化となる『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』(世界初CD化!日本は限定5000セット紙ジャケ仕様にて復刻。バラ売りはありません)。ボブ・ディランの初期の8枚の輝ける名盤アルバムが、新たにリマスタリングされたモノ・ヴァージョンの限定ボックスセットで甦ります。

2000 Concerts, 600 Songs, 47 Albums, 5 Decades, 1 Artist---BOB DYLAN

風に吹かれて、転がる石のように約半世紀・・・ロックの時代を作り、時代を変革し、様々な人々の人生に影響を与え続け、自ら進化し続けるロック界最重要アーティスト、ボブ・ディラン。今年3月の驚異の日替わりセットリストで行なったライヴハウス・ツアーは既に伝説化。2010年5月24日の誕生日で遂に69歳を迎えた。そんな“ロックの神様"ボブ・ディランの最新作は、最も初期のレコーディング音源の数々、音楽史上最も重要な不滅の名曲の数々の原石の輝きが遂に日の目を見る『ザ・ブートレッグ・シリーズ第9集:ザ・ウィットマーク・デモ/ The Bootleg Series Volume 9 – The Witmark Demos』(US発売:10月19日/日本発売は10月27日予定)とディランの初期の8枚のモノ・アルバムをボックスセットにした『ボブ・ディラン・モノ・ボックス/ Bob Dylan – TheOriginal Mono Recordings』(US発売:10月19日/日本発売は11月10日予定)。両者はいずれも世界中のファンやコレクターが長年探し求めていたもので、『ザ・ウィットマーク・デモ』は録音から50年後に初めて正式発売。オリジナル・モノ・レコーディングは全て世界初CD化となる。半世紀前の若きボブ・ディランの姿をみごとに描き出す、20世紀の貴重な音楽遺産である。

『ザ・ブートレッグ・シリーズ第9集:ザ・ウィットマーク・デモ』には、ディランが1962年1月に最初の音楽出版社であるリーズ・ミュージック用に録音した曲と、1962年から1964年にかけて2番目の出版社であるM・ウィットマーク&サンズ用に録音した曲、全47曲が収録されている。全曲、ディランが一人でアコースティックギター、ハーモニカ、何曲かはピアノで歌っている。これらの作品を聞けば、初期の作品「マン・オン・ザ・ストリート」「ランブリン・ギャンブリン・ウィリー」から、社会に向かって意見を主張する「風に吹かれて」「時代は変る」「戦争の親玉」、天才詩人の才能を開花させる「ミスター・タンブリン・マン」へと、ディランがソングライターとして成長していった過程を確認することができる。これらの曲を含め『ザ・ウィットマーク・デモ』に収録されたすべての歌は、ディランが24歳になるまでにつくり、録音したものだ。

『ザ・ウィットマーク・デモ』に収録された歌のなかには、音楽出版社のためだけに録音し、いままで一度も正式発表されたことのない15曲も含まれている。これらには、悲しみに満ちた「バラッド・フォー・ア・フレンド」、公民権運動の時代に刺激を受けて生まれた「ロング・アゴー・ファー・アウェイ」や「ザ・デス・オブ・エメット・ティル」、辛辣な「ゲス・アイム・ドゥーイング・ファイン」も含まれている。

『ザ・ウィットマーク・デモ』に収録された初期の作品の多くは、最終的にディラン自身のアルバムで発表されることになったが、ピーター・ポール&マリーとスティーヴィー・ワンダー(「風に吹かれて」)、ジュディ・コリンズ(「明日は遠く」)、ザ・バーズ(「ミスター・タンブリン・マン」)など、いち早く他のアーティストたちによって歌われた作品も多数含まれている。これらのデモが録音されて50年近く経つが、千人を超えるアーティストたちがカヴァーし続けていることは、これらの歌が不滅の作品であることを証明している。

『ザ・ウィットマーク・デモ』には、著名な音楽史家であるコリン・エスコットによる詳細なライナーノートと、これらのデモを録音した当時のボブ・ディランの貴重な写真を掲載した豪華なブックレットも添付される。

『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』には、ボブ・ディランの最初の8枚のアルバムが収められている。しかも当時のディラン自身が意図したアルバムの本来のサウンド、ひとつのチャンネルから飛び出すパワフルな、直接的で即効性を持っているモノラルミックスを入念に再現している。1950年代半ばには、すでにステレオ・レコーディングの技術が開発されていたが、1960年代のトップアーティストたちは、あいかわらずモノ・レコーディング、モノ・ミキシングを好んだ。結果として、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランも自分たちはモノ・ミックスに全情熱を注ぎ、ステレオ・ミックスはエンジニアに任せていた。

『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』には、ボブ・ディランの貴重な写真と著名な評論家であり長年にわたるディラン愛好家でもあるグリール・マーカスのすばらしいエッセイを掲載した豪華なブックレットが添付されている。
また、それぞれのアルバムは1枚ごとにオリジナル・アートワーク、1960年代に発売されていたのと同じように、ステッカーやレーベルを忠実に復刻した紙ジャケットに入れられている(日本盤は独自に日本制作での紙ジャケ化。海外サイズとは異なる日本製紙ジャケ・サイズ13.5cmX13.5cmで、オリジナルMONO LPから精巧に再現)。

1962年3月に発売されたデビュー作『ボブ・ディラン』から、1968年1月に発売された『ジョン・ウェズリー・ハーディング』までの8枚のアルバムは、レコード史上に輝く重要な作品とだれもが認めている。『ザ・ウィットマーク・デモ』と『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』をあわせ聞けば、1960年代のボブ・ディランの幅広い作品を知ることができるし、駆け出しのソングライターから、世界でもっとも創造性に富む傑出したレコーディング・アーティストに成長していった驚異的な年代記でもある。

■リリース(商品)情報■
『ザ・ブートレッグ・シリーズ第9集:ザ・ウィットマーク・デモ』
The Bootleg Series Volume 9 – The Witmark Demos
-日本盤:10 月 27 日発売予定 SICP-2960-1 税込¥3780(2 枚組)
-完全生産限定盤/CD2 枚組、三方背ボックス/英文ブックレット(未発表写真、ライナーノーツ他)/
完全対訳日本版ブックレット(菅野ヘッケル氏監修)/歌詞・対訳付。
<収録曲>
Disc 1:
1.Man On The Street (Fragment)
2.Hard Times In New York Town
3.Poor Boy Blues
4.Ballad For A Friend
5.Rambling, Gambling Willie
6.Talking Bear Mountain Picnic Massacre Blues
7.Standing On The Highway
8.Man On The Street
9.Blowin’ In The Wind
10. Long Ago, Far Away
11. A Hard Rain’s A-Gonna Fall
12. Tomorrow Is A Long Time
13. The Death of Emmett Till
14. Let Me Die In My Footsteps
15. Ballad Of Hollis Brown
16. Quit Your Low Down Ways
17. Baby, I’m In The Mood For You
18. Bound To Lose, Bound To Win
19. All Over You
20. I’d Hate To Be You On That Dreadful Day
21. Long Time Gone
22. Talkin’ John Birch Paranoid Blues
23. Masters Of War
24. Oxford Town
25. Farewell
Disc 2
1. Don’t Think Twice, It’s All Right
2. Walkin’ Down The Line
3. I Shall Be Free
4. Bob Dylan’s Blues
5. Bob Dylan’s Dream
6. Boots Of Spanish Leather
7. Walls of Red Wing
8. Girl From The North Country
9. Seven Curses
10. Hero Blues
11. Whatcha Gonna Do?
12. Gypsy Lou
13. Ain’t Gonna Grieve
14. John Brown
15. Only A Hobo
16. When The Ship Comes In
17. The Times They Are A-Changin’
18. Paths Of Victory
19. Guess I’m Doing Fine
20. Baby Let Me Follow You Down
21. Mama, You Been On My Mind
22. Mr. Tambourine Man
23. I’ll Keep It With Mine

●1962 年~1964 年にかけて音楽出版社のために録音された音源 47 曲収録(曲数は 48 曲ですが「Man OnThe Street」が 2 回入っているため)
●録音からから 50 年にして初めて正式発売!
●「風に吹かれて」「はげしい雨が降る」「ミスター・タンブリン・マン」「時代は変る」他名曲中の名曲、代表曲の最も初期のレコーディング。レア・ヴァージョンが初登場!
●アルバム未収録曲初登場音源多数(15 曲)

『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』
Bob Dylan – The Original Mono Recordings
-日本盤:11 月 10 日発売予定 SICP-2951-9 (8 アルバム/9CD) 税込¥25000
-完全生産限定 5000 セット/8 枚組ボックスセット(Blonde On Blonde のみ 2 枚組)

<収録作品>
①『ボブ・ディラン Bob Dylan』 1962
②『フリーホイーリン・ボブ・ディラン The Freewheelin' Bob Dylan』 1963
③『時代は変る The Times They Are A-Changin'』 1964
④『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン Another Side Of Bob Dylan』 1964
⑤『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム Bringing It All Back Home』 1965
⑥『追憶のハイウェイ61 Highway 61 Revisited』 1965
⑦『ブロンド・オン・ブロンド Blonde On Blonde』(2 枚組) 1966
⑧『ジョン・ウェズリー・ハーディング John Wesley Harding』 1968
●日本盤は完全生産限定 5000 セット/8 枚組ボックスセット(Blonde On Blonde のみ 2 枚組)
●全て世界初CD化音源!
●ディランの全オリジナル MONO 録音を最新のデジタル・サウンドで!
●60 年代の名盤 8 作品の MONO マスターから最新リマスター
●オリジナル MONO LP を再現した紙ジャケット仕様(日本紙ジャケサイズ)
●64P英文ブックレット(未発表写真、アルバムのデータ、卓越したロック史研究家であるグリル・マーカスに
よるライナーノート)/完全対訳日本版ブックレット/歌詞・対訳付
●日本盤のみ帯(キャップ)付(STEREO 初版帯を参考にします)
●完全初回生産限定盤ボックス。バラ売りはありません。
■バイオグラフィ■
1941年5月24日、ミネソタ州デュルースで生誕。本名ロバート・アレン・ジンママン。1962年にアルバム『ボブ・ディラン』でデビュー。翌年、歴史的プロテスト・ソング「風に吹かれて」を含む『フリーホイーリン・ボブ・ディラ
ン』を発表。その後フォークからロックへの転換は物議を醸し、『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』『追憶のハイウェイ61』『ブロンド・オン・ブロンド』といった60年代を代表する歴史的名盤を発表。

全世界アルバム・トータル・セールスは一億枚を超え、47枚のオリジナル作品(コンピレーションなどは除く)、600曲以上の自作曲、そして世界中で2千回以上のライヴを行い、約50年間、半世紀にも渡って常に第一線
で活躍している唯一のアーティスト。1982年には「ソングライターの殿堂」入り、1988年には「ロックの殿堂」入りを果たした。また「ライク・ア・ローリング・ストーン」は米ROLLING STONE誌にてロック史上最高のシングルに選定。2007年4月、音楽界では初めてとなるピューリッツァー賞(特別賞)を受賞。正式な発表はなされていないが、ここ10数年ノーベル文学賞にノミネートされている。

『タイム・アウト・オブ・マインド』は1998年グラミー賞最優秀アルバム賞受賞。2001年、映画「ワンダー・ボーイズ」のための書き下ろし曲「シングス・ハヴ・チェンジド」ではゴールデン・グローブ賞とアカデミー賞の両主題歌賞を受賞。また、2004年10月に出版された回想録「ボブ・ディラン自伝」(日本では2005年発売)は世界的なベストセラーとなり、ニューヨーク・タイムズ紙のベスト・セラー・リストにも19週間挙げられていた。

2005年の映画『ノー・ディレクション・ホーム』、2008年、6人の豪華俳優がディランを演じる映画『アイム・ノット・ゼア』(ケイト・ブランシェッドはゴールデン・グローブ賞を受賞)と錚々たる面々がディランをカヴァーしたそのサントラ盤など新しいイメージで大きな話題を呼んだ。2009年には新作『トゥゲザー・スルー・ライフ』が英米で初登場1位を獲得し、その衰えぬ創造力をみせつけます。秋には初となるクリスマス・アルバム『クリスマス・イン・ザ・ハート』を発表、チャリティ作品としても話題を呼んだ。

2010年3月には通算6度目となる来日公演、それも全14公演のライヴ・ハウス・ツアーが実現。来日記念盤として17年越しの企画、ディランの直撃ロック盤『DYLANがROCK』(みうらじゅんイラスト・選曲)発売、さらにはボブ・ディランXチロルチョコが奇跡のコラボも実現した(ディランの名盤50枚のジャケットを使用)。

2010年5月24日で69歳となった、ロックの神様ディラン。今でも世界各地で年間100ヶ所以上のライヴ・ツアーを行い、それはファンの間で“NEVER ENDING TOUR"と呼ばれている。

関連リンク先
http://www.sonymusic.co.jp/bobdylan/

以上