プレスリリース

ブルース・スプリングスティーンの名盤『闇に吠える街』が 6枚組トータル8時間超の前代未聞のパッケージで甦る! 速報:トロント国際映画祭でワールド・プレミア&本人登場!

2010年9月16日
株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役 中山道彦)は、アメリカを代表するロックの魂、ブルース・スプリングスティーンの1978年発表、名盤『闇に吠える街』が、32年の月日を経て、初デジタルリマスター+未発表曲 2CD+未発表映像 3DVD という想像を超えた一大絵巻『闇に吠える街~The Promise: The Darkness On The Edge Of Town Story』として、12月リリース決定したことを発表いたします。

“DARKNESSは俺にとって「侍」のような作品だ"
長年のブルース・ファンの夢でもあった発売以来初めてのデジタル・リマスター化。そして、信じられない音源・映像の数々が収録された3CD+3DVDのなんと6枚組、トータル8時間超えという驚くべき内容となります。まさにタイトル通りの、『闇に吠える街』の発売に至るまで、そして発売後の成功への物語を余すところなく収録。1975年に『明日なき暴走』をリリース後マネージメントをめぐっての裁判で新作を発表できず、『闇に吠える街』をリリースするまで3年もかかった時期で、多作で知られるブルースはこの時期数多くのセッションで未発表曲を残していました。それが今回『THE PROMISE』として2枚のCDに全21曲の未発表曲を収録。『明日なき暴走』と『闇に吠える街』の間にもう一枚の傑作アルバムが誕生していたかもしれないと誰もが感じる内容となっています。また3枚のDVDに収録される映像はそのど
れもが驚愕のお宝映像。「史上最高峰のパフォーマンス」と呼ばれていた時期の若きブルース(当時29歳)の1978年のヒューストン公演の未発表ライヴ映像が発掘され(全くファンにもその存在すら知られていなかったもの)、全盛期のライヴ映像が初めて明らかに。さらにはその30年後の2009年地元アズベリー・パークで行われたアルバム全曲演奏ライヴの模様や、ブルースの自宅に隠されていた1976年から1978年まで全米各地で行われていたライヴ映像まで、すべてが初登場映像となります。一人のアーティストの一つの作品にまつわるマテリアルでここまでの大量で充実した未発表音源、未発表映像が収録され、当時のブルース自身のレコーディング・ノートを復刻した前代未聞の見事な豪華パッケージ含めて、史上稀に見る画期的、歴史的復刻作品。通称"DARKNESS BOX“、様々なBOX企画が出てきておりますが、質・量とも他を凌駕する最高峰の作品であり、ロックの歴史の1ページを彩る歴史的作品として、全てのロック・ファンに一度は触れてもらいたいアイテムです。

この作品についてブルース本人とブルースとの長年のパートナーでもあり、マネージャー、プロデューサーでもあるジョン・ランダウは以下のような声明をだしました。
「“Darkness"は俺にとって“侍"みたいな作品だった。無駄をそぎ落として、いざ戦いに望んだ・・・そこに残された音楽(=未発表の21曲)は充実した内容だった。ファンのみんなは“Darkness"のレコーディングセッション時の計21曲の未発表音源が収められた2枚のCDには初めて触れることとなる。それらの曲は、おそらく“Born To Run"の後、そして“Darkness on the Edge of Town"が作られる前にリリースできた/するべきはずだった曲たちだ。」

(ブルース・スプリングスティーン)
「この作品には弱いカードは一切ない。'The Promise' は信じられない音楽体験となるだろう」
(ジョン・ランダウ(Producer/Manager) )
<速報>トロント国際映画祭2010でプレミア上映!ブルース・スプリングスティーン本人が登場し、作品について語る
カナダ、トロントにて行われている第35回トロント国際映画祭。ドキュメンタリー部門内の"GALAPRESENTATIONS“部門にブルース・スプリングスティーンの4枚目のアルバム『闇に吠える街』のEストリートバンドとのレコーディング風景と、1976~78年の幻の未公開映像、ホーム・リハーサル風景などを収録したドキュメンタリー“The Promise:The Making of Darkness on the Edge of Town"がノミネートされた。

監督はスプリングスティーンと長年に渡り活動しているトム・ジムニー(Thom Zimny) で、“BruceSpringsteen and The E Street Band: Live in New York City"(2001)でエミー賞、『明日なき暴走-30年記
念盤』に収録されていたドキュメンタリー“Wings for Wheels: The Making of 'Born To Run'"(2005)でグラミー賞を受賞している。

9月14日(火)21:30から「The Promise: The Making of Darkness on the Edge of Town」のワールド・プレミアがRoy Tomson Hallにて行われ、スプリングスティーン本人を始め、長年の盟友であるジョン・ラン
ダウ(マネージャー/プロデューサー)や監督のトム・ジムニーが上映の前に登壇した。スプリングスティーンはこの作品について、こう語った。

「有名になるより、金持ちになるより、幸せになるより、(自分の主張を持った)偉大なアーティストになりたかった。(『明日なき暴走』の)成功によって自分を見失なってしまうことが恐怖だった。才能が利用されて奪われるのが恐怖だった。その恐怖がモチベーションとなり、今後自分がどういう方向に行くべきかを決めた、その岐路に立ったアルバムであり、自分のライフワーク、アーティスト・作家としての人生の目的を探し始めたアルバムだった。“大人"として生きていくことは、限界と妥協とともに生きていく、そんな普通の人々の姿を描きたかった。今も続いている聴衆との“対話"はこのアルバムから始まったんだ・・・」。

上映後、会場中から“Bruuuuce"の掛け声とスタンディング・オベーション。それにに答えて、妻のパティ・スキャルファなどと見ていたスプリングスティーンは2階席から観客へ何度も手を振り答えていた。
その直前の18:30から別会場で行われた、MARVERICKS SESSIONでは俳優のエドワード・ノートンとスプリングスティーンとのトーク・セッションが行われた。ノートンは「この日のために30年間準備をしてきたんだ」と語るほどのスプリングスティーンの大ファンで、1時間以上に渡り質疑応答を行なった。
この映像作品は年末にリリースされる『闇に吠える街~The Promise: The Darkness On The Edge OfTown Story』に収録される。

■リリース(商品)情報■
『闇に吠える街~The Promise: The Darkness On The Edge Of Town Story』
2010/12/08(予定) SICP-2971-6 3CD+3DVD 税込¥14,700(税抜¥14,000)
完全生産限定盤/直輸入パッケージ(CD,DVD 盤は日本制作)/NOTEBOOK 型豪華 BOX 仕様/日本版ブックレット(英文翻訳、解説・歌詞・対訳付)/DVD には日本語字幕付

●「闇に吠える街」初デジタル・リマスター!
発売以来一切手を加えられなかった音が遂に霧が晴れたような感じになるのか?と全てのファンが期待しているデジタルリマスター。

【CD 1】: <REMASTERED 'DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN'>
1. Badlands バッドランド
2. Adam Raised A Cain アダムとケイン
3. Something In The Night サムシング・イン・ザ・ナイト
4. Candy’s Room キャンディーズ・ルーム
5. Racing In The Street レーシング・イン・ザ・ストリート
6. The Promised Land プロミスト・ランド
7. Factory ファクトリー
8. Streets Of Fire ストリーツ・オブ・ファイヤー
9. Prove It All Night 暗闇へ突走れ
10. Darkness On The Edge Of Town 闇に吠える街

●21曲もの未発表曲が入った2CD「THE PROMISE」(2CD)
なぜこの曲が未発表となったのかと驚く、極上のクォリティの楽曲の数々。ハイライトは名バラードの"Racing in the Street" のRock Ver.、パティ・スミスとの競作"Because the Night"のoriginal ver.。他"、
超POPな"Someday (We'll Be Together)"やSave My Love(オフィシャル・サイトで公開中)、ソウルバラードの素晴らしいヴォーカルを聞かせてくれる。"The Brokenhearted" 、心打つ"Breakaway"、そしてマス
ターピースでもあるタイトルソング"The Promise"のフル・オーケストラ・ヴァージョン。もしかしたら『明日なき暴走』と『闇に吠える街』の間にここから1枚名盤ができあがっていたかもしれない…。すべて21曲
の未発表曲はブルースの作品ではおなじみのボブ・クリアマウンテンによってミックスされた。
(この幻の未発表曲21曲は2CD「THE PROMISE」として別売もされる。遂に30年数年の時を超え新たなオリジナル・アルバムとしてカウントされることになった)

【CD 2】: <THE PROMISE (DISC 1)>
1. Racing In The Street ('78) レーシング・イン・ザ・ストリート ('78)
2. Gotta Get That Feeling ガッタ・ゲット・ザット・フィーリング
3. Outside Looking In アウトサイド・ルッキング・イン
4. Someday (We'll Be Together) サムディ(ウィール・ビー・トゥゲザー)
5. One Way Street ワン・ウェイ・ストリート
6. Because The Night ビコーズ・ザ・ナイト
7. Wrong Side Of The Street ロング・サイド・オブ・ザ・ストリート
8. The Brokenhearted ザ・ブロークンハーテッド
9. Rendezvous ランデヴー
10. Candy's Boy キャンディーズ・ボーイ

【CD 3】: <THE PROMISE (DISC 2)>
1. Save My Love セイヴ・マイ・ラヴ
2. Ain't Good Enough For You エイント・グッド・イナフ・フォー・ユー
3. Fire ファイア
4. Spanish Eyes スパニッシュ・アイズ
5. It's A Shame イッツ・ア・シェイム
6. Come On (Let's Go Tonight) カム・オン(レッツ・ゴー・トゥナイト)
7. Talk To Me トーク・トゥ・ミー
8. The Little Things (My Baby Does) ザ・リトル・シングス(マイ・ベイビー・ダズ)
9. Breakaway ブレイクアウェイ
10. The Promise ザ・プロミス
11. City Of Night シティ・オブ・ナイト

●未発表スタジオ&ライヴ・フッテージ、メイキングなどを収録した3DVD
DVD1"The Promise: The Making of 'Darkness on the Edge of Town'"
グラミー賞とエミー賞を受賞トム・ジムニー監督による 90 分に及ぶドキュメンタリー。スプリングスティーン&E ストリート・バンドの 1976 年から1978 年までの未発表映像(最大の驚きは自宅でのリハーサル、
スタジオ・セッションのモノクロ映像!など。オフィシャルサイトで一部ご覧いただけます)、ブルース本人やバンドメンバー、ジョン・ランダウ、マイク・アペルなどによって語られていく。今は亡きダニー・フェデリシも登場。

【DVD 1】: <"THE PROMISE: THE MAKING OF 'DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN'">
●DVD2&3には4時間に及ぶライヴ・コンサートやさまざまなフッテージを収録。
2009年'Darkness on the Edge of Town'全曲演奏を行なったアズベリー・パークのパラマウント・シアターでのライヴ。またTHRILL HILL VAULTはブルースの自宅=THRILL HILLに隠されていた1976-1978年
のさまざまなパフォーマンスを収録。そして、これまで一度も噂すらも出ず、全く存在が知られていなかった1978年のHouston公演のライヴ映像を収録した“HOUSTON '78 BOOTLEG: HOUSE CUT"。これは全盛期のブルースのライブがいかに凄まじかったかを知ることができる、貴重な記録、歴史的音楽遺産。後の『ザ・リバー』収録の楽曲も演奏。

【DVD 2】:
<DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN (PARAMOUNT THEATER, ASBURY PARK, NJ,2009)>
1. Badlands バッドランド
2. Adam Raised A Cain アダムとケイン
3. Something In The Night サムシング・イン・ザ・ナイト
4. Candy’s Room キャンディーズ・ルーム
5. Racing In The Street レーシング・イン・ザ・ストリート
6. The Promised Land プロミスト・ランド
7. Factory ファクトリー
8. Streets Of Fire ストリーツ・オブ・ファイヤー
9. Prove It All Night 暗闇へ突走れ
10. Darkness On The Edge Of Town 闇に吠える街

<THRILL HILL VAULT (1976-1978)>
1. Save My Love (Holmdel, NJ 76) セイヴ・マイ・ラヴ
2. Candy's Boy (Holmdel, NJ 76) キャンディーズ・ボーイ
3. Something In The Night (Red Bank, NJ 76) サムシング・イン・ザ・ナイト
4. Don’t Look Back (NYC 78) ドント・ルック・バック
5. Ain't Good Enough For You (NYC 78) エイント・グッド・イナフ・フォー・ユー
6. The Promise (NYC 78) ザ・プロミス
7. Candy's Room Demo (NYC 78) キャンディーズ・ルーム・デモ
8. Badlands (Phoenix 78) バッドランド
9. The Promised Land (Phoenix 78) プロミスト・ランド
10. Prove It All Night (Phoenix 78) 暗闇へ突走れ
11. Born To Run (Phoenix 78) 明日なき暴走
12. Rosalita (Come Out Tonight)(Phoenix 78) ロザリータ

【DVD 3】: <HOUSTON '78 BOOTLEG: HOUSE CUT>
1. Badlands バッドランド
2.Streets Of Fire ストリーツ・オブ・ファイア
3.It’s Hard To Be A Saint In The City 都会で聖者になるのはたいへんだ
4. Darkness On The Edge Of Town 闇に吠える街
5. Spirit In The Night 夜の精
6. Independence Day 独立の日
7. The Promised Land プロミスト・ランド
8. Prove It All Night 暗闇へ突走れ
9. Racing In The Street レーシング・イン・ザ・ストリート
10. Thunder Road 涙のサンダー・ロード
11. Jungleland ジャングルランド
12. The Ties That Bind ザ・タイズ・ザット・バインド
13. Santa Claus Is Coming To Town サンタが街にやってくる
14. The Fever ザ・フィーヴァー
15. Fire ファイア
16. Candy's Room キャンディーズ・ルーム
17. Because The Night ビコーズ・ザ・ナイト
18. Point Blank ポイント・ブランク
19. She's The One 彼女でなけりゃ
20. Backstreets 裏通り
21. Rosalita (Come Out Tonight) ロザリータ
22. Born To Run 明日なき暴走
23. Detroit Medley デトロイト・メドレー
24. Tenth Avenue Freeze-Out 凍てついた十番街
25. You Can't Sit Down ユー・キャント・シット・ダウン
26. Quarter To Three クォーター・トゥ・スリー

●パッケージ
直輸入パッケージ使用。NOTEBOOK型豪華BOX仕様。外箱(約横21cmX縦28cmX幅2.5cm)にNOTEBOOKが収納される(リング留めの80Pの厚い本のような)。ブルースが当時レコーディング時に資料や歌詞、曲のアイデアなど書き綴ったオリジナルノートから複写。ブルース自身の新規エッセイや
当時の未発表写真をも多数収録した前代未聞の極上のパッケージ。日本版ブックレットには当時の関係者を取材し「日本から見たDARKNESS STORY」なども収録。他解説・歌詞・対訳付。<同時発売>

『ザ・プロミス/THE PROMISE』
2010/12/08(予定) SICP-2977-8 2CD 税込¥3780(税抜¥3600)
●『明日なき暴走』と『闇に吠える街』を繋ぐ幻のアルバム!?
遂に30年数年の時を超え新たなオリジナル・アルバムとしてカウント!『The Promise: The Darkness On
The Edge Of Town Story』より21曲もの未発表曲が入った2CD「THE PROMISE」を単独リリース!

■バイオグラフィ■
1949年9月23日、ニュージャージー州フリーホールドで生誕。アメリカの夢と希望、そして挫折と現実を歌い続け、愛情を込めて"The Boss"と呼ばれるアメリカを代表するアーティスト。そのライヴは「史上最高のパフォーマンス」とも度々呼ばれている。既発アルバムの全世界トータル・アルバム・セールス1億2000万枚。全米トータル・セールス6500万枚は歴代15位。1973年にアルバム『アズベリー・パークからの挨拶』でデビュー。『明日なき暴走』(1975年)、『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』(1984 年)などのロックの歴史に燦然と輝く名盤を数多くリリース。盟友Eストリート・バンドと1988年に一度発展的解散となったものの、1999年再結成。2002年、18年ぶりに盟友Eストリート・バンドと録音したアルバム『ザ・ライジング』でシーンの頂点に完全復活。The Rising ツアーは全世界120箇所で300万人動員し、2003年は興行収益で世界一を記録した。これまでに16枚のオリジナルアルバムを発表。うち7枚が全米 No.1獲得、13枚がTOP5入り。最新作品は2009年『ワーキング・オン・ア・ドリーム』(全米 No.1獲得)。アワード系では、これまでに20のグラミーを獲得(2002年から2009年までは8年連続獲得)。他アカデミー賞主題歌賞(1995年「ストリーツ・オブ・フィラデルフィア」)、ゴールデン・グローブ賞(1995年「ストリー
ツ・オブ・フラデルフィア」、2009年「ザ・レスラー」)、エミー賞(2001年『ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ』)など全米のありとあらゆるエンタテインメントの賞を獲得。1997 年 Polar Music Prize 受賞、1999年ロックの殿堂&ソングライターの殿堂入り。 ローリング・ストーン誌(2004年)「100 Greatest Artists of All Time」23位。2008年にはTIME誌の最も影響を与える100人の一人に。2009年2月にはスーパーボウルのハーフタイム・ショーに出演。全米大統領選での"VOTE FOR CHANGE"ツアーで民主党を応援。オバマ大統領との親交も深い。今最も影響力のあるアメリカのミュージシャンであり、まさにアメリカを代表するアーティストといえる。日本の公演はこれまでに3度。初来日公演は1985年。1988年にアムネスティのチャリティ・コンサート、1997年のソロ・アコースティック・ツアー。今最も来日公演が待たれているアーティストといえる。2010年は名盤『明日なき暴走』から35年、そして、感動の初来日公演から25年となる日本にとっても節目の年となる。!

■LINK 先■・
http://www.sonymusic.co.jp/BOSS

以上