プレスリリース

『DOUBLE FANTASY - John & Yoko』東京展の開催が決定!

2020年6月29日
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:村松俊亮)は、ジョン・レノン(以下、ジョン)とオノ・ヨーコ(以下、ヨーコ)の軌跡を自身の言葉や作品で辿る展覧会 『DOUBLE FANTASY – John & Yoko』東京展を、ジョンの80回目の誕生日となる2020年10月9日(金)より2021年1月11日(月祝)まで、ソニーミュージック六本木ミュージアムにて開催いたします。

『DOUBLE FANTASY – John & Yoko』は、2018年5月から2019年11月まで、ジョンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で開催された大規模な展覧会。”ジョンの故郷であるリバプールのために”とヨーコ自身も深く関り完成させ、その展示方法と希少価値の高い展示内容に高い評価と反響を呼び、異例の70万人を動員。会期も当初の予定から7ヵ月も延長されました。

ジョンの生誕80年、そして没後40年となるこの節目の年に、ヨーコの故郷である東京にて開催することとなった本展覧会では、ジョンとヨーコが生み出したアートや音楽、映像作品とともに、ヨーコ自身のプライベート・コレクションからの貴重な品を含めた100点以上が展示されます。

DOUBLE FANTASY – John & Yoko』とは

ジョンとヨーコという伝説的なカップルの軌跡を時系列順に展示し、二人が世界に発したメッセージや言葉、音楽&アート作品、貴重な私物や遺品を通して、二人の物語が体感できる世界初の展覧会。また、創造性豊かな二人のアーティストの出会いを讃える展覧会でもある。展覧会では、二人の私生活や創作において共鳴し合う関係性とともに、今なお進行中の彼らのIMAGINE PEACE(イマジン・ピース)キャンペーンを探訪することができる。

展示の見どころ

「Ceiling Painting(天井の絵)」他

二人の出会いの場となった、ロンドンのインディカ・ギャラリーでのヨーコの個展「Unfinished Paintings and Objects」(1966年)で展示された作品を展示。

ジョンの手書き歌詞

「Imagine(イマジン)」、「In My Life(イン・マイ・ライフ)」、「Give Peace a Chance(平和を我等に)」、「Happy Xmas (War is Over)(ハッピー・クリスマス(戦争は終わった))」、「Woman(ウーマン)」他、ジョンによる手書き歌詞を展示。

ヨーコがジョンにプレゼントしたアートブック『Grapefruit(グレープフルーツ)』

1964年に出版され「Imagine(イマジン)」の歌詞やアイデアに直接影響を与えたコンセプチュアル・アートの代表的作品『Grapefruit』を展示。

二人が共作したパフォーマンス・アート作品

“WAR IS OVER! (if you want it)”,“Plastic Ono Band”や二人の初めての共同作品である『Acorn Peace(平和のどんぐり)』などを展示。

Wish Tree(願かけの木)

来場者が短冊に平和への願いや夢を自由に書き、木の枝に結びつける参加型アートで、展覧会終了後に、そのデジタル・コピーがジョンとヨーコの世界平和祈願の象徴であるアイスランドの“IMAGINE PEACE TOWER”に永久保存される。

プロフィール

ジョン・レノン

1940年10月9日、イギリス・リバプール生まれ。1962年10月、ザ・ビートルズとしてデビューし、1970年に解散するまでメンバーとして活躍。1966年、ヨーコと出会い、1969年3月に結婚。ヨーコと共作した「Acorn Peace(平和のどんぐり)」「Bed In(ベッド・イン)」「WAR IS OVER!」などのコンセプチュアル・アートを通した平和運動を行なうとともに、「Bed In」で誕生した楽曲「Give Peace A Chance(平和を我等に)」発表後、プラスティック・オノ・バンドとして活動。ザ・ビートルズ解散後の1970年、アルバム『John Lennon/Plastic Ono Band(ジョンの魂)』を発表し、ソロ・キャリアをスタート。1971年、ヨーコとともに拠点をニューヨークへ移し、同年にアルバム『Imagine(イマジン)』を発表、英米日他で1位を獲得。1972年にはヨーコと共にアルバム『Some Time in New York City(サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ)』を発表。その後も1973年に『Mind Games(マインド・ゲームス)』、74年『Walls and Bridges(心の壁、愛の橋)』、75年『Rock’N’Roll(ロックン・ロール)』と、コンスタントにアルバムを発表する。1975年、息子ショーンが生まれた事を機に主夫として生活、しばらく音楽活動を離れる。1980年、5年の沈黙を破り、ジョン&ヨーコとしてアルバム『Double Fantasy(ダブル・ファンタジー)』をリリースしたが、リリース直後の12月8日に凶弾により悲劇的な死を迎える。享年40歳。ジョンが遺した作品、メッセージは今もなお人々の心に寄り添い、時代を超えて生き続ける。

オノ・ヨーコ

1933年218日、東京都生まれ。コンセプチュアル・アートの先駆者、前衛芸術家、音楽家。1950年代後半よりニューヨークで芸術活動を開始。1964年、アートブック『Grapefruit(グレープフルーツ)』を出版。1966年、ロンドンのインディカ画廊で開催した個展でジョンと出会い、その後、共に音楽・芸術活動を行なう。1968年、アルバム『Unfinished Music No.1: Two Virgins(未完成作品 第一番 トゥー・ヴァージンズ)』発表。1970年、『Yoko Ono/Plastic Ono Band(ヨーコの心)』、71年『Fly(フライ)』他、2018年最新作『WARZONE(ウォーゾーン)』まで20作のアルバムを発表。1974年、福島県郡山市で開催された「ワン・ステップ・フェスティバル」、2014年、「フジロックフェスティバル」など、日本のロック・フェスにも参加。ジョンは生前「Imagine」は『Grapefruit』から着想を得ていたと語っており、1971年のリリースから46年後の2017年にジョンの希望通り、ヨーコの名前が共作者として正式にクレジットされる。一貫してアートと日常生活の境界を崩すことを試み、60年以上にわたり全世界へ向けて、彼女ならではの前衛的な方法で愛と平和を訴え続けている。

開催概要

展覧会名:DOUBLE FANTASY - John & Yoko(読み:ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ)

会期:2020年10月9日(金) ~ 2021年1月11日(月祝) 予定

場所:ソニーミュージック六本木ミュージアム(東京都港区六本木5-6-20)

メディアパートナー:朝日新聞社

主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント / 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

チケット情報:8月末発売予定(詳細は追ってオフィシャルサイト/SNS等にて発表いたします)

オフィシャルサイト:https://doublefantasy.co.jp

オフィシャルSNS

 Twitter: https://twitter.com/DoubleFantasyJP

 Instagram: https://www.instagram.com/doublefantasyjp/

 Facebook: https://www.facebook.com/DoubleFantasyJP/