プレスリリース

落語ファンのためのオンラインクラブ『らくご来福』発足 ソニー・ミュージックダイレクト『来福』レーベルが新たなサービスをスタート!

2021年6月17日
株式会社ソニー・ミュージックダイレクト

株式会社ソニー・ミュージックダイレクト(本社:東京都港区、代表取締役:辻野 学、以下SMDR)は、落語演芸専門レーベル『来福』において、落語の有料オンラインクラブ『らくご来福(らくごらいふく)』を6月20日(日)より開始することをお知らせいたします。

2009年にSMDR内に発足した落語演芸専門レーベル『来福』は、当初から落語の新たな魅力の提案を主軸に活動してきました。昨年以降、落語を取り巻く環境は他のエンターテインメントと同様に一変しているなか、様々な形で落語の魅力に触れる方が増えている傾向も見られます。そこで、『来福』では、従来の落語ファン、そして新たな落語ファンにも喜んでいただくために、新たなサービスを開始します。

『らくご来福』オープン企画第一弾として、オンラインクラブ内で7月23日(金・祝)開催の「令和三年 柳家小三治の会」チケット最速先行申込を6月20日(日)から受付。加えて、ソニーミュージックグループの落語音源から「大工調べ/柳家小三治」のフル試聴をスペシャル解説付で提供します。

今後も、落語会チケット先行販売や会員限定コンテンツの公開、会員限定イベントの開催など、落語ファンに喜んでいただけるオンラインクラブとなるよう、『来福』ならではのサービスを随時提供していきます。

サービス概要

サービス名

『らくご来福』(らくごらいふく)

オープン

2021年6月20日(日)AM10:00

価格

月額330円(税込)

主な特典

チケット優先先行受付、解説付き落語音源試聴、落語映像公開など

公式サイト

https://rakugoraifuku.com

『来福』とは

ソニーミュージックグループの「学芸」カテゴリー内の落語商品リリース事業を前身とし、2009年にSMDR内に発足した落語演芸専門レーベル。

『来福』公式サイト

http://www.110107.com/raifuku