プレスリリース

「春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46」開催決定

日本美術と乃木坂46の融合、過去と現代を結ぶ企画展

2021年7月12日
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント


 


株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:村松俊亮)は、日本美術の古典と乃木坂46という現代のポップアイコンが融合し、過去と現在を結ぶ企画展「春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46」を、2021年9月4日(土)より11月28日(日)まで東京国立博物館表慶館で開催することを決定しました。

本展は、春夏秋冬の花が表現された7点の日本美術の古典と、現代のカルチャーを象徴する乃木坂46を重ね合わせて紹介する展覧会です。メンバー一人ひとりを花に見立て、各美術作品の造形的な本質を現代的に解釈した大型映像インスタレーションを制作・展示。乃木坂46が日々表現している世界観を新たな解釈がなされた映像作品を通して文化財に重ねていくことで、乃木坂46と日本の文化と、そして私たちが生きる日常/自然とが地続きの存在であることを証明するという、意欲的な内容となります。

映像作家は池田一真氏や東市篤憲氏など7名が参加。最先端ディスプレイや映像技術、ユニークな展示方法により、日本美術の古典の本質を映像インスタレーションに浮かび上がらせるという独自の世界観を創り出していることも見どころのひとつです。
映像により「古典」を「現代」のものとして解釈し直す「古典×現代」も本展の重要なテーマです。

本展の見どころ

開催概要



展示会名

春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46

会期

2021年9月4日(土)~11月28日(日)

会場

東京国立博物館表慶館(東京都台東区上野公園13-9)

アクセス

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分

主催

東京国立博物館、文化財活用センター、ソニー・ミュージックエンタテインメント、文化庁、日本芸術文化振興会

制作協力

NHKプロモーション、中山マネジメント

公式サイト

https://nogizaka-fourseasons.jp

公式SNS

@4s_nogizaka46(Twitter、Instagram)

  1. 入館は事前予約制
  2. 開館時間、休館日、入館方法、観覧料、チケットの発売日などは随時、公式サイトや公式SNSで発表いたします。
  3.  

東京国立博物館表慶館

東京国立博物館(https://www.tnm.jp/

1872年創立の日本でもっとも長い歴史を誇る博物館。収蔵する文化財は約12万件。日本から中国、朝鮮半島、西アジア・エジプトまでの地域を網羅し、土器や土偶などの考古遺物から浮世絵や刀剣、甲冑、近代絵画など、日本の美術史をたどることのできるコレクションとなっている。

表慶館

明治33年(1900年)、皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して計画され、明治42年(1909年)に開館した、日本で初めての本格的な美術館。設計は、J.コンドルの弟子で、東宮御所(現在の迎賓館)なども手掛けた宮廷建築家の片山東熊。
中央と左右に美しいドーム屋根をいただき、上層部の外壁面には、製図用具、構図、楽器などをモチーフにしたレリーフがある。明治末期の洋風建築を代表する建物として、昭和53年(1978年)に重要文化財に指定された。

乃木坂46

2011年8月に結成。
2021年7月現在で、43名の正規メンバーが在籍。
2012年2月に、シングル「ぐるぐるカーテン」でメジャー・デビュー。
以降現在までに、シングル27作品、アルバム5作品を発表。
さらにライブ・Music Video集・バラエティーなどの映像作品を含めると、そのトータル売上枚数は2,000万枚を突破。
またライブにおいては、「1st YEAR BIRTHDAY LIVE」「真夏の全国ツアー2013」など、2013年から本格的に始動。
現在までの累計ライブ動員数は300万人を突破。