プレスリリース

新たな仮想空間プロジェクト「ReVers3:x(リバースクロス)」が始動!ソニーグループの最先端技術とタッグを組み、全世界に向けXRライブ配信を開催 ~3月3日(木)に開催される第1弾のアクトはKEIJUに決定~

2022年2月22日
株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:辻野学 以下、SML)は、新たな仮想空間プロジェクト「ReVers3:x(リバースクロス)」を始動することをお知らせいたします。「ReVers3:x」は独自に制作した仮想空間を舞台に様々なアーティストのライブを楽しむことができるショートライブプロジェクトで、ソニーの最新技術を活用したグループ横断の取り組みとなります。

「ReVers3:x」の第1弾として、SML所属のKEIJUのライブが3月3日(木)22:00から配信されます。本ライブは、仮想空間上に作られた東京のストリートに設置されたステージから全世界に配信され、株式会社MomentTokyo(以下、MomentTokyo)/ REZ& / huezらの協力のもと独自に制作した仮想空間内には、先鋭の若手クリエイターを抱えるOFBYFOR TOKYO のデジタルアーティストによるアートも配置され、音楽のみならず、空間としても楽しめるコンテンツとなっています。発表に合わせ、「ReVers3:x」の世界を垣間見ることのできるティザー映像も公開となりました。

「ReVers3:x」ティザー映像:https://youtu.be/LHL4Iasj0gw

ライブの撮影は、世界最高品質のソニーのボリュメトリック撮影スタジオ「Volumetric Capture Studio Tokyo」にて実施。ボリュメトリックキャプチャ技術(※1)とソニーのカメラによる4K撮影に加え、Unreal Engineを活用した、MomentTokyoによる高いクリエイティブによる仮想空間の中、大型フェスでも活躍するVJチーム・REZの仮想空間内での照明・VJ演出によって、通常のバーチャル音楽ライブとは別次元の高精細な品質の実現に成功。ライブハウスからの配信中継などではない、ウェブ上だからこそできるライブ演出となっています。

また、「ReVers3:x」のロゴは、Nicki Minaj、Flying Lotusのアルバムのジャケットをはじめ、Post MaloneやFetty Wapなどのアートワークにも関わるなど、東京を拠点に国内外で活躍するグラフィックデザイナーのGUCCIMAZE氏が制作しています。

「ReVers3:x」では2022年3月から1stシーズンとして、今後も不定期にHIPHOPアーティストを中心としたXRライブの配信を予定。様々なカルチャーの交差点として仮想空間上でのエンタテインメントを発信していきます。

※1:ボリュメトリックキャプチャ技術は、スタジオを取り囲む数十台のカメラで撮影した実在の人物や場所を、3次元のデジタルデータに変換し、任意の方向から見た3D映像として高画質に再現できる技術です。実世界を丸ごと撮像し、本来カメラがない視点からの映像や、CGと合成した全く新しい映像表現が可能になります。

「ReVers3:x」第1弾開催概要

日程

2022年33日(木)22:00

配信プラットフォーム

「ReVers3:x」 Official YouTube Channel

「ReVers3:x」本編URL

https://youtu.be/DboG74wW7_0

企画

株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

協力 ソニーグループ株式会社 Volumetric Capture Studio Tokyo、OFBYFOR TOKYO
バーチャルライブ制作 株式会社MomentTokyo、REZ&、huez

「ReVers3:x」 公式サイト/公式SNS情報

ReVers3:x Introduction

20XX年、いつか来るかもしれない不都合な未来。
鮮やかに再生される先人の言葉に、今日もまたこの街が呼応する。
Lost Lyrics Diggin’.

プロフィール

KEIJU

東京の街を生きる幼馴染からなるラッパー、トラック・メイカー、DJ、映像ディレクターら総勢16名を擁するHIP HOPクルー・KANDYTOWNのメンバーであり、音楽以外のフィールドでも注目を集める同クルーの中でも、フォトジェニックなルックス、メロウネスを感じさせるヴォイス含め、強く個性を感じさせるラッパー。2017年には、tofubeats「LONELY NIGHTS feat.YOUNG JUJU」、Awitch「Remember feat.YOUNG JUJU」、清水翔太「Drippin’ feat.IO & YOUNG JUJU」などジャパニーズ・ヒップホップ・シーンの客演王と言ってももはや過言ではない程のめざましい活躍を見せる。
グループからのソロとしては初となるメジャー・ディールをSMLと締結し、アーティスト名をKEIJUへと改名し、2018年、SML内から1st配信シングル「Let Me Know」を発表。2019年4月、資生堂「アネッサ」CMソングとして、小袋成彬のプロデュースの下、シンガーのRIRIとコラボレーションした「Summertime」を配信リリース。アジア各国でのCMオンエアをきかっけに、国内のみにとどまらず、9月には、本楽曲をRemixした台湾のシンガー・Julia Wuらとともに台北での初パフォーマンスを行なう。
2020年7月、メジャー1stアルバム「T.A.T.O.」をリリース。Apple Musicではアルバム総合チャートで最高4位を記録。

REZ&

国内最大のクラブ”ageHa”で2012年の「ageHa 10th ANNIVERSARY ”WONDERLAND”」から「ageHa THE GRAND FINAL」まで数多くのパーティーにレジデントのVJとして携わる。またVJのみならず映像と照明をリンクさせた演出システム構成や映像ディレクションを手掛けている。「ULTRA JAPAN」、「EDC JAPAN」、「SUMMER SONIC」、「SONIC MANIA」、「electroX」などのミュージックフェスティバルで活躍。

huez

2011年に活動を開始し、今年活動10周年を迎えるユニット。「水曜日のカンパネラ日本武道館公演 ~八角宇宙~」「tofubeats『RUN』リリースパーティ」といったイベントで空間演出を手掛けた実績を持つほか、近年ではオンラインライブやXR(クロスリアリティ)などのバーチャル空間での演出開発にも注力しており、「KizunaAI 5th Anniversary」、「MIKU EXPO 2021 Online」などの空間演出を手掛ける。

GUCCIMAZE

東京を拠点に活動するグラフィックデザイナー。鋭さと硬質さを感じる立体的なフォルムのタイポグラフィ、鮮やかでありながら毒々しさが漂う配色といった、独自のスタイルでグラフィック作品を制作。2018年から独立し、国内外数々のアーティストやブランドとコラボレーションを展開する。主な作品に、Fetty Wap、Post MaloneやFlying Lotus といった著名のアーティストへのグラフィック提供、USラッパーのNicki Minajのアルバムのジャケット制作、またCalvin Klein、SEIKO、Crocsなどグローバル企業とのコラボレーションを実現。
2020年 東京・渋谷 "Diesel Art Gallery"にて個展「MAZE」、2021年には河村康輔、Yoshirottenと共に "Gallery Tsukigime" にてグループ展示「CHAOS LAYER」を開催する。

株式会社MomentTokyo概要

2015年活動スタート。m-flo、MIYAVI、いきものがかりなどのアーティストLIVE映像や、「EDC JAPAN」「GREENROOM FESTIVAL」などの音楽フェスのアフタームービー。さらには海外Porter Robinsonなどのフェスドキュメンタリーを中心に活動している実写撮影集団。

OFBYFOR TOKYO概要

東京を中心に活動するデジタルクリエイティブレーベル。映像ディレクター・CGアーティスト・アートディレクター・プロデューサーなど多岐にわたるメンバーが所属しており、EMPORIO ARMANI、NIKE、DIESEL、H&Mなどのグローバルブランドのビジュアルだけでなく、ミュージックビデオ、アーティストビジュアルなども手掛けている。