プレスリリース

東京・新宿歌舞伎町に「Zepp Shinjuku (TOKYO)」を2023年4月オープン! 「Zepp DiverCity (TOKYO)」、「Zepp Haneda (TOKYO)」に続く東京都内3館目

2022年4月26日
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:村松 俊亮)は、株式会社TSTエンタテイメントが「歌舞伎町一丁目地区開発計画」(施設名称「東急歌舞伎町タワー」)内にオープン予定のライブホールの企画・運営に参画することを発表いたします。また、ホール名称が「Zepp Shinjuku (TOKYO)」に決定したことをお知らせいたします。

オープンは2023年4月を予定。収容人員は1,500人規模を計画しており、東京都内のZeppホールとしては、昨年末に閉館した「Zepp Tokyo」を除き、「Zepp DiverCity (TOKYO)」、「Zepp Haneda (TOKYO)」に続く3館目のオープンとなります。

これまでのZeppホール(約2,500人収容)に比べ、コンパクトなサイズ感となるためアーティストとの距離が近く、さらにZeppホールでは初となる360度LEDビジョンを常設しており、ここでしか味わえない臨場感あふれる音楽体験を可能にします。また、多種多様な文化で賑わう新宿歌舞伎町らしく、様々なジャンルの音楽アーティストを招聘し、新しい音楽コンテンツを国内外に発信していきます。
その他詳細については、今後、随時発表してまいります。

「Zepp Shinjuku (TOKYO)」概要

収容人員

約1,500人(予定)

開業時期

2023年4月(予定)

所 在

東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番3(地名地番)
「東急歌舞伎町タワー」(地下1階から地下4階部分)

  1. 高さ200m以上で、ホテルとエンタメ施設(映画館・劇場・ライブホールなど)を含む複合施設における日本国内主要観光都市調査
    調査期間:2022年3月(㈱ESP総研調べ)

株式会社TSTエンタテイメント会社概要

株式会社TSTエンタテイメントは、東急歌舞伎町タワーにおける、エンタテイメント施設の企画・運営を目的とした合弁会社で、東急株式会社、株式会社東急レクリエーション、および株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの3社によって設立されました。

商号

株式会社TSTエンタテイメント
(英文名:TST ENTERTAINMENT CO.,LTD.)

設立年月日

2018年12月7日

事業の内容

エンタテイメント施設の企画・運営及びそれに関する事業

代表取締役

木村 知郎(東急株式会社 新宿プロジェクト企画開発室 室長)

資本金

100百万円

公式Webサイト

MASH UP! KABUKICHO

新宿・歌舞伎町の魅力と、音楽、映画、演劇など、あらゆるエンタメコンテンツが交わることで生まれる、新たな価値観をお届けするWebメディアです。