PRESS RELEASE プレスリリース

加藤ミリヤの新曲「EMOTION」がTBSドラマNEO 『放課後グルーヴ』の主題歌に決定!!

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2013年4月12日
株式会社ソニー・ミュージックレコーズ

株式会社ソニー・ミュージックレコーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:村松俊亮 )所属アーティスト加藤ミリヤの新曲「EMOTION」が、4 月 22 日(月)深夜 24 時 28 分から放送がスタートする TBS ドラマ NEO『放課後グルーヴ』の主題歌に決定しましたことを発表いたします。
なお、本曲は 2013 年 12 月末に開催予定の「全国中学校リズムダンス ふれあいコンクール(仮)」の課題曲の一つに決定したことも、同時に発表いたします。本コンクールは、「全国中学校リズムダンス ふれあいコンクール実行委員会」が主催、TBS テレビなどが共催するイベントで、中学校で必修となったダンスの中でも「現代的なリズムダンス」(ロックやヒップホップのリズムにのってダンスで表現するもの)に主眼を置き、全国の中学生を対象に、クラス単位で参加することを前提としたものです。最終選考は 12 月末に赤坂 BLITZで行われ、実行委員会が委嘱する審査員により優秀クラスなどが決定する予定です。

【加藤ミリヤからのコメント】
「ダンスが人々にとって身近な存在になりつつある今、感情のままに身体が動く事への喜びを感じてもらえる楽曲になったと思います。私のパフォーマンスにおいても、ダンスは欠かせない存在なので、このドラマのおかげでまた踊りたくなる様な曲を作る事が出来て最高です!」

【ドラマ『放課後グルーヴ』】
2012 年 4 月から中学校の体育授業でダンスが必修化(小学校は 2011 年から)されたことを背景に、「学校教育」と「ダンス」といった一見取り合わせのあまりよくないように思える題材をテーマにした異色の学園ドラマ。リアルな中学校でも起こっている「ダンスの習得に格闘する教師」と、「戸惑いながらもダンスに興味を持つ生徒たち」との間に繰り広げられる数々の出来事を、スタイリッシュでスピード感溢れる展開でお送りする。
このドラマの主人公、体育教師の桐生真琴役を演じるのは、昨年のカンヌ国際映画祭出品作「ライク・サムワン・イン・ラブ」に主演するなど、数々のドラマ、映画に出演し、国内外問わず近年活躍が目覚ましい高梨臨。 この作品が連続ドラマ初主演となる。
さらに、ドラマ・映画「荒川アンダー ザ ブリッジ」で卓越した演出手腕を発揮した飯塚健が脚本・演出を担当。独特のスピード感ある語り口と映像センスで、物語を構成する。

【加藤ミリヤ プロフィール】
24 歳のシンガーソングライター。2004 年に「Never let go/ 夜空」でデビュー。同世代を中心に若者の圧倒的な支持を得、彼女に強い影響を受ける「ミリヤー」が続出。
女性ファッション誌の表紙を連続で飾り、アパレルブランド「KAWI JAMELE」やジュエリーブランド「Mirror by KawiJamele」のデザインも手掛け、ファッションアイコンとしても注目を集めている。2011 年、初のベスト盤「M BEST」でオリコン初登場 1 位を記録。『生まれたままの私を』で小説デビューも果たしマルチな才能を発揮。2012 年、『コカ・コーラ ロンドンオリンピック キャンペーンソング』「HEART BEAT」を含むアルバム「TRUELOVERS」をリリース。アルバムを引っ提げた全国ツアーファイナルが 4/16 に控えている。
http://www.miliyah.com

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください