PRESS RELEASE プレスリリース

ジャレード 新物流センター建設のお知らせ

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2013年8月22日
株式会社ジャレード

株式会社ジャレード(本社:静岡県焼津市 代表取締役:松村 晶司)は、静岡県焼津市に延床面積 14,000 坪に及ぶ新たな物流センターの建設を決定いたしました。(業務開始:2015 年 1 月予定)
この新物流センターの建設により、これまで各物流センターに分散していました、CD/DVD/BD/ゲーム等のソフトパッケージの物流機能を一箇所に集約、入庫から保管・出荷までの一連の作業を同一センター内で集中管理することとなり、その結果、常に変動するヒット状況にこれまで以上に柔軟かつ迅速に対応することが可能となります。
また、最新のセキュリティ設備にくわえ、高レベルの耐震構造、機能的な作業空間設計を実現。今後もパッケージ物流の拠点として、より安全で高品質なサービスの提供を目指してまいります。



【施設概要】
■建設予定地:静岡県焼津市相川 2001
■敷地面積:14,300 坪
■延床面積:14,000 坪予定(3 層構造)
■駐車場収容台数:600 台

【新センター業務開始時期】
■2015 年 1 月(予定)

株式会社ジャレードについて
レコード会社の商品物流の合理化を目指して 1975 年に設立。以降、音楽・映像・ゲームなどのソフトパッケージの共同物流による効率化を徹底的に追求し、32,000 坪の倉庫スペースと 1,200 名の人員を駆使することにより、繁忙期や突発的なオーダーに対する波動対応を可能にしています。現在では、ソフトパッケージ物流に加え、コンサート物販、グッズ通販、ファンクラブ業務関連の物流にも対応。さらにはこうしたエンタテインメント物流で培ったノウハウやインフラを活かし、化粧品、アパレル、電化製品などの物流にも事業領域を広げています。2013 年 8 月現在のクライアント数は 68 社に及び、B to B、B to C を問わず、多様なニーズに呼応した柔軟な物流サービスを提供しています。
オフィシャルサイト:http://www.jared.jp/

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください