PRESS RELEASE プレスリリース

【ワン・ダイレクション】日本CMに初出演!~NTTドコモ新TVCM~

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2014年1月16日
株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役 石橋 正)は、全世界トータル・セールス3500万枚、日本でも累計100万枚を突破するなど、デビューからとどまることなく世界中を熱狂させ続けている今世紀最大のスーパーグループ=ワン・ダイレクション(以下、1D)の日本CM初出演を発表いたします。昨年11月にリリースした通算3作目の最新アルバム『ミッドナイト・メモリーズ』が日本、アメリカ、イギリスを始め世界31の国と地域で週間チャート1位を獲得し、アメリカでは「グループとしては史上初のデビュー・アルバムから3作連続初登場1位」という自身の世界記録を更新するなど、世界中で空前の大ヒット中の彼らが、日本のCMに初出演します。
1Dが登場するのは、NTTドコモ『ドコモの学割2014』新TVCM 【「Message from 1D~たった3年で人生は変わる。~」篇】で、使用楽曲は最新アルバム『ミッドナイト・メモリーズ』収録の「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」。1月14日(火)より日本全国で順次オンエア開始されています。

【CM概要】
「ドコモの学割2014」スペシャルサイト: http://docomo-gakuwari.jp/

今回のCMは、「たった3年で人生は変わる。」というメッセージのもと、結成から僅か3年で一躍世界のスーパースターとなり、その人生をガラリと変えた1Dが登場。家族や友人を大切に思う気持ちなど、これまで見せなかった素の表情、等身大の言葉が楽しめる内容。
1Dを起用した理由についてNTTドコモは、『毎年ドコモは、学割をはじめとした料金プラン、強いLTEネットワーク、豊富な機種ラインナップ、さまざまなサービスで、学生みんながつながり、新しい一歩を踏み出すことを応援してきました。普通の学生から、たった3年で人生をガラリと変えたONE DIRECTION。彼らとコラボレーションし、彼らを通じて、「たった3年で人生は変わる」というメッセージを発信することで、これから新しい毎日をはじめる日本の学生たちに、勇気や希望を与えることができたら。そんな想いから出演を依頼いたしました。上記の料金プラン、ネットワーク、機種ラインナップ、サービスはもちろんのこと、CM、グラフィック、WEB施策などのコミュニケーションにおいても学生を応援し、「さあ、みんなでひとつに。ドコモにONE DIRECTION」をメッセージにすることで、この春も、ひとりでも多くの学生とそのご家族に、より充実した毎日をお届けすることを目指します。』と発表しています。
【「Message from 1D~たった3年で人生は変わる。~」篇】は、ごく自然に他愛もない会話をしながら歩いている1Dが、コンサートスタッフやメイク、スタイリストとすれ違いながら廊下を進んでいくと、最後は大勢の観客が集まるライブ会場にたどりつくというストーリー。途中で映るのは5人ではしゃぐときとは打って変わり、普段TVでは見せないリラックスした表情で普通の学生として過ごしていた3年前の日常を語るメンバー1人、1人の姿。ハリーは「3年前までは、かなり素朴な毎日だった」、ルイは「公園に集まる典型的なイギリスの10代。」、ゼインは「友達は自分にとって大事な存在。」、リアムは「正直、子どもの頃は全然お洒落じゃなかった。」、ナイルは「自分を信じて夢を追い続けろってことかな。」と。 5人は廊下でマイクを受け取って円陣を組み、かけ声と共に階段を駆け上がった先には多くのファンが待ちわびるライブステージが。3年前には想像すらできなかった舞台。1Dの活動を通じて3年間で人生が変わった様子を表現。メンバー(ゼイン、リアム、ハリー、ルイ、ナイル)が個々に3年前の自分について語り、今では世界のスーパースターの座に上りつめた彼らが、3年前は普通の平凡な青年だった様子がうかがえる内容。普段見ることのできない自然体の1Dから、CMを見る日本の学生たちも、自分たちにも同じような何かが起こる3年間が待っている、これまでとは違う新しい出会いや成長が待っていると感じさせるような展開。 撮影が行われたのは2013年クリスマス直前のロンドン。超多忙の1Dが今回の撮影にさけた時間は僅か2時間という中、メンバー同士仲が良いことで知られる1Dは、5人集まれば、踊ったり、叫んだり、楽器で楽しんだり、メンバー同士でふざけ合ってと大はしゃぎ。なかなか撮影が始められない、なんてことも。撮影の間にはメンバー5人のキャラクターが炸裂。ハリーは得意の日本語「ガンバリマース」を披露すれば、ナイルは小道具のドラムセットで遊び、ゼインが撮影内容をリポートしてくれる裏で、ルイはカメラがまわる直前までスケートボードに乗って大騒ぎ。そしてリアムはそんなメンバーの「舞台裏」の様子をビデオカメラで撮影してくれた場面も。終始笑顔と笑い声の絶えない現場にて収録が進行。また、メンバーは日本のファンに向けて、「日本に行った時はいつもみんなのお陰で最高の時間を過ごしているよ。ライブも素晴らしかった。いつも遠くから応援してくれて、僕たちが行くのを待っていてくれてありがとう。絶対に行くから待っててね!また直ぐに会えるのを楽しみにしてるよ!」とメッセージを送っています。


【INFORMATION】
今回のCMで使用されている「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」が収録されている最新アルバム『ミッドナイト・メモリーズ』は発売1か月ながら早くも全世界で400万枚以上のセールスを売上げ、前作を上回る勢いで大ヒット中。日本でもヒットを記録した映画「ワン・ダイレクション THIS IS US」のDVD/ブルーレイが2014年2月12日に日本発売。また、同日よりマダムタッソー東京にて、ロンドン~NY~シドニーを経て等身大フィギュアの3カ月限定展示もスタート。また、今年4月からは、25,000枚のチケットが即日完売した日本公演を含め世界中で200万人以上を動員した昨年のアリーナ・ツアーを上回るワールド・スタジアム・ツアーも控えています。

■ニュー・アルバム■
◎ 完全生産限定盤
『ミッドナイト・メモリーズ - アルティメット・エディション』
発売中 SICP-3932|2,520円(税込)
・ファン参加ページを含む豪華ブックレット付スペシャルパッケージ
・日本盤ボーナストラック収録
・特典&W購入施策応募券封入

◎ 通常盤
『ミッドナイト・メモリーズ』
発売中 SICP-3933|2,310円(税込)
・日本盤ボーナストラック収録
・初回プレス分のみ特典封入
・期間限定W購入施策応募券封入
http://bit.ly/1aJbvyE

■映画DVD/ブルーレイ■
『ワン・ダイレクション THIS IS US』
2014年2月12日 3Dブルーレイ/ブルーレイ/DVDリリース+デジタル配信同時スタート(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントより)
http://www.1DThisIsUs-Movie.jp/

■ワン・ダイレクション バイオグラフィー■
「UK出身グループとして史上初となるデビュー・アルバムでの全米チャート初登場1位」という歴史的快挙を達成して一躍世界中にその名を轟かせたデビュー・アルバム『アップ・オール・ナイト』が世界17カ国、ライブDVDが27カ国、セカンド・アルバム『テイク・ミー・ホーム』が37カ国、そして昨年11月にリリースされたばかりのサード・アルバム『ミッドナイト・メモリーズ』でも全米・全英・日本を含む31カ国の週間チャートで1位を獲得するなど、かつてない魅力で世界中を席巻しつづける、ハリー、ゼイン、リアム、ナイル、ルイによる今世紀最大のスーパーグループ、ワン・ダイレクション。2012年にはロンドン五輪閉会式でパフォーマンスを披露し、MTV Video Music Awardsを始め数多くの音楽賞も受賞。2013年2月には、英チャリティ団体[Comic Relief|コミック・リリーフ]主催イベント「Red Nose Day|レッド・ノーズ・デイ」のオフィシャル・シングルである「ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス)」をリリース。同2月下旬から11月にかけて行われたワールド・アリーナツアーでは、日本を含め計23カ国で130公演以上を行い、約200万人を動員。8~11月にかけて世界中で公開された映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』も興業収入70億円を超えるヒットを記録し、サード・アルバム『ミッドナイト・メモリーズ』ではグループとして史上初のデビューから3作連続全米1位という自身の記録も更新。デビュー以来とどまることなく世界中を熱狂させ続け、トータル・セールスは早くも3500万枚を突破。2014年には、最新作ミッドナイト・メモリーズ』を引っ提げ、さらに規模を拡大したワールド・スタジアム・ツアーを行うことも決定している。

■リンク先■
・ソニーミュージック オフィシャルサイト: http://www.sonymusic.co.jp/1d
・「ドコモの学割2014」スペシャルサイト: http://docomo-gakuwari.jp/
・映画『THIS IS US』公式サイト: ソニー・ピクチャーズ: http://www.1DThisIsUs-Movie.jp/
・日本公式ツイッター: https://twitter.com/1D_OfficialJP

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください