PRESS RELEASE プレスリリース

10代限定!音楽の甲子園!『閃光ライオット2012』ファイナル/グランプリはバンクスが受賞!! 準グランプリは Half moon spiral! 審査員特別賞は 内村イタル!
応援ガール「能年玲奈」 ゲストライブ「Base Ball Bear」
9/2(日)13:00~20:00 於:日比谷野外大音楽堂

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2012年9月3日
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

TOKYO FM(株式会社エフエム東京 本社:東京都千代田区、代表取締役 冨木田道臣)、Sony Music(株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント 本社:東京都千代田区、代表取締役 北川直樹)、KDDI(KDDI株式会社 本社:東京都千代田区、代表取締役社長 田中孝司)は音楽の甲子園とも言うべき、10代限定の“ロック”フェス『閃光ライオット』を、2012年9月2日(日)13時から20時まで、日比谷野外大音楽堂にて開催致しました。

TOKYO FMの10代向け人気番組「SCHOOL OF LOCK!」の呼び掛けで集まった1万組を超える応募から、『閃光ライオット2012』グランプリを獲得したのは埼玉県出身のバンクス。グランプリと発表されると校長に飛びつき喜びを爆発させました。優勝旗を手にしたバンクスは、「夢みたい、早くウイニングライブがしたい」と語り、その後のウイニングライブでは日比谷野外音楽堂に集まった観客を前に圧巻のパフォーマンスを披露しました。グランプリを受賞したバンクスには、優勝賞金として100万円と優勝旗が贈られました。

また、準グランプリは名古屋出身のバンドHalf moon spiralが受賞、審査員特別賞は、今大会唯一ソロで出場した内村イタルが受賞しました。2人にはハンディビデオレコーダー、ZOOM/Q2 HDが贈られました。
『閃光ライオット2012』には、全国から、10代リスナーが雨の中約8,000人集合。会場は若きエネルギーの鮮烈なパワーで溢れました。また、TV、CM等で活躍中の女優・能年玲奈が、特別応援ガールとして来場、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『リライト』の1フレーズをギターでかき鳴らし、「世界で1番熱いフェスにしたいと思います!」と宣言!約1万組の応募から勝ち上がった9組のアーティスト達と観客を盛り上げました。
そしてゲストライブに「Base Ball Bear」と去年のグランプリ受賞者「PAGE」が参戦。スペシャルライブを披露し、会場を盛り上げました。さらにイベント最後にもサプライズで「2012年11月4日閃光ライオット感謝祭開催!」を発表!!(イベントの詳細は今後番組にて発表いたします。)今後もSCHOOL OF LOCK!と閃光ライオットにご注目ください。

審査結果
● グランプリ(賞金100万円)
『バンクス』
金之助(19)Vo、しょう(19)Gt、かんちゃん(19)Ba、しょーたろー(20)Dr
演奏楽曲:『ラクガキ』『お前のこと好きになっちまったよ』『くそったれ』
※埼玉県出身。感じたこと、思ったことを、全てをストレートに叫ぶ!
受賞コメント『夢みたい、早くウイニングライブをしたい』

● 準グランプリ(賞品:ZOOM/Q2 HD)
『Half moon spiral』
日置逸人(18)Vo/Gt、武藤克太(19)Ba、山崎大輝(17)Dr/Cho
演奏楽曲:『落下』『round in circles』『夜露のリズム』
※平均年齢17歳のスリーピース。名古屋を中心に勢力的に活動中。
受賞コメント『地元の人、お客さんがtwitterで応援してくれた。その人たちに持って帰るものができてよかった』

● 審査員特別賞(賞品::ZOOM/Q2 HD)
『内村イタル』
内村イタル(17)Vo/Gt
演奏楽曲:『黒い煙』『ロケット』『夜明けのミラーボール』
※神奈川県出身。今回唯一のソロ参戦。
受賞コメント『ありがとうございます。』

【公演概要】
◎名 称 閃光ライオット2012
◎日 時 2012年9月2日(日)13:00~20:00
◎場 所 日比谷野外大音楽堂(千代田区日比谷公園1-5)
◎出 演 PENs+(東京都)、SHE’S(大阪府)、Chirol(神奈川県)、CROMARTY(滋賀県)、ザ・銀河鉄道(愛知県)、HEAD LAMP(大阪府)、内村イタル(神奈川県)、Half moon spiral(愛知県)、バンクス(埼玉県)
<以上、1万組から勝ちあがった9組の10代アーティスト>
◎ゲストアーティスト Base Ball Bear、PAGE(閃光ライオット2011グランプリ)
◎審 査 員 いしわたり淳治(元SUPERCAR、作詞家・音楽プロデューサー)、Base Ball Bear、OKAMOTO’S(ハマ・オカモト&オカモトレイジ)、高山都(TOKYO FM『RADIO DRAGON』パーソナリティ)
◎応援ガール 能年玲奈

【閃光ライオットについて】
今年で5周年を迎える『閃光ライオット』は、TOKYO FM系の10代向け人気番組「SCHOOL OF LOCK!」と、Sony Music、KDDIが共同で主催する10代限定では日本最大の音楽フェスです。今年もデモテープ応募総数は1万組を超え!毎年の参加者たちのパフォーマンスがハイレベルであることはもちろん、初代優勝バンド「Galileo Galilei」や「ねごと」、「PAGE」をはじめ、過去の出場者たちが続々とメジャーデビューを果たし、業界内外共に、高い注目を集めています。今年も、「LISMO WAVE」およびケーブルテレビにて生中継を実施し、会場に来ることのできないリスナーにもリアルタイムでイベントを視聴いただいた他、新たなる試みとして、急速に普及が進むスマートフォン向けに音楽配信も実施。auスマートフォン向けのストリーミング型音楽サービス「うたパス」にて閃光ライオットチャンネルを提供しました。イベントの模様は、9月4日(火)、5日(水)のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」(22:00~23:55 全国38局)でオンエアされます。(これまでの『閃光ライオット』の様子やイベントの詳細 :http://www.tfm.co.jp/lock/riot/

■「SCHOOL OF LOCK!」とは…
“全国の蒼き若者たちの未来の鍵(LOCK)を握るもうひとつの学校!”をコンセプトに、パーソナリティのとーやま校長・よしだ教頭ほか、人気アーティストやタレントをレギュラー講師陣に迎え、TOKYO FM をはじめとする全国38局ネットで放送中のラジオ番組です。2005年10月の番組開始以来、ラジオとWEB、時にイベントや出版も連動させた内容でネット世代の若者を中心に支持を得ている人気番組です。番組サイト(PC+携帯)へのアクセスは、月間で6,000万ページビューにも達しています。

■ 「閃光ライオット」出場者の選考過程
①応募資格
13 歳から 19 歳の方。(1992 年 4 月 2 日~1999 年 4 月 1 日生まれの方)
②募集方法(デモテープ・web)
合計約10,000通応募
③選考過程
・1次審査【デモテープ審査】→合計約700組
・2次審査【スタジオ審査】2012年5月26日~7月1日、選考スタッフにより全国10ヶ所で開催→39組が通過
・3次審査【ライブ審査】2012年7月23日(月)東京、7月26日(木)仙台、8月1日(水)大阪、8月2日(木)名古屋にて開催→9組が通過
・ファイナル 2012年9月2日(日)日比谷野外大音楽堂にて「閃光ライオット2012」開催

■歴代応援ガール
【1代目】夏未エレナ(2009) 【2代目】川口春奈(2010) 【3代目】北乃きい(2011) 【4代目】能年玲奈(2012)
※応援ガールは閃光ライオット第2回より登場。イベントは5周年ですが、応援ガールは4代目となります。

【9/2(日) タイムスケジュール】
13:00~ 開演 オープニングトーク
<とーやま校長&よしだ教頭><応援ガール・能年玲奈>
13:20~ ゲストライブ
<PAGE>
13:40~ ライブ
<ファイナリスト 5 組演奏>
15:35~ MC & 転換
<とーやま校長&よしだ教頭>
16:05~ ライブ
<ファイナリスト 4 組演奏>
18:15~ ゲストライブ
<Base Ball Bear>
18:45~ MC & 授賞式
<とーやま校長&よしだ教頭><応援ガール・能年玲奈><ゲスト審査員>
19:10~ 優勝バンドライブ
フィナーレ MC

以上

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください