PRESS RELEASE プレスリリース

映画「蛍火の杜へ」第 66 回毎日映画コンクール アニメーション映画賞受賞!! 東京・大阪でのアンコール上映決定!!

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2012年1月18日
株式会社アニプレックス

株式会社アニプレックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:夏目公一朗)の映画「蛍火の杜へ」(以下、本作品)は、この度第 66 回毎日映画コンクールのアニメーション映画賞を受賞致しました。
本作品は、ベストセラー「夏目友人帳」の原作者・緑川ゆきの描く、もうひとつの妖(あやかし)奇譚で、スコットランドにて開催されたアニメイベント「Scotland Loves Animation 2011」にて“審査員賞”を受賞するなど、海外でも高い評価を頂いております。2011 年 9 月 17 日(土)から東京・大阪での限定公開以降、44 分の中編アニメーションながら、満員札止めを含む高稼働を記録し、シネ・リーブル池袋での 10 週にわたる興行など、全国で3万人を超える動員数となりました。
今回の受賞を記念して、1 月 21 日(土)よりシネ・リーブル池袋(東京)、テアトル梅田(大阪)でのアンコール上映が決定しております。
本作品は 2 月 22 日に Blu-ray・DVD の発売を控えており、作中に登場する“ギンのお面ストラップ”や映像特典など、ファンの皆様のリクエストにお応えした豪華特典満載で発売予定です。

毎日映画コンクールとは
毎日映画コンクールは、戦後間もない 1946 年より始められた日本を代表する映画賞。今回「蛍火の杜へ」が受賞した「アニメーション映画賞」は、過去に「千と千尋の神隠し」(第 56 回)や「サマーウォー
ズ」(第 64 回)が受賞歴を持つ。日本映画大賞では、2011 年に「悪人」(第 65 回)が獲得している。

映画「蛍火の杜へ」概要
【スタッフ】
原作:緑川ゆき(白泉社刊「蛍火の杜へ」)
監督・脚本:大森貴弘
キャラクターデザイン:髙田 晃
美術:渋谷幸弘
色彩設定:宮脇裕美
撮影:田村 仁
編集:関 一彦
音楽:吉森 信
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
製作:「蛍火の杜へ」製作委員会

【キャスト】
ギン:内山昂輝/竹川 蛍:佐倉綾音

【物語】
夏休みに、祖父の家に遊びに来ていた少女・蛍は、妖怪たちが住むといわれる”山神の森”へ迷い込んでしまう。途方に暮れ、泣き出した蛍の前に現れたのは、狐の面を被った少年・ギン。
ギンに助けられた蛍は、毎年夏になると、ギンの元を訪れるようになる。
そして、ふたりはいつしか惹かれあってゆく。
だがギンは、人でも妖怪でもない、触れると消えてしまうという不思議な存在だった。

上映情報
2012 年 1 月 21 日(土)より

<東京> シネ・リーブル池袋
お問い合わせ先:0 3 - 3 5 9 0 - 2 1 2 6

<大阪>テアトル梅田
お問い合わせ先:0 6 - 6 3 5 9 - 1 0 8 0

映画「蛍火の杜へ」Blu-ray&DVD

【発売日】 2012 年 2 月 22 日(水) 発売
[完全生産限定版] Blu-ray: 6,930 円(税込)/ DVD: 5,880 円(税込)
[通常版] DVD: 5,040 円(税込)

【BD&DVD 完全生産限定版共通特典】
・ギンのお面ストラップ
・イラストカードセット
・ステッカー
・ブックレット
・クリア三方背ケース
・デジパック仕様

【映像特典】
・イベント映像
・トレーラー
・TVCM など
※特典は告知なく変更する場合がございます。

以上

(C) 緑川ゆき・白泉社/「蛍火の杜へ」製作委員会

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください