PRESS RELEASE プレスリリース

世界初!3Dミュージックビデオ集 元気ロケッツ「“make.believe”3D Music Clips e.p.」12/22発売決定!

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2010年11月1日
株式会社ソニー・ミュージックレコーズ

株式会社ソニー・ミュージックレコーズ (本社:東京都千代田区、代表取締役 村松俊亮、以下 SMR)は、元気ロケッツが3D 映像で制作したミュージックビデオ作品をまとめた「ブルーレイ 3D ソフト」を発売いたします。 すでに
PlayStation®Network で有料配信している楽曲を含め、3D ミュージックビデオ集という仕様でのブルーレイ 3Dソフト販売は世界で初めてとなります。しかも、音源も全曲 5.1ch 対応になっており、音と映像の最先端がこの作品に詰め込まれています。

これにより、元気ロケッツの迫力溢れる高画質・高音質な 3Dのミュージックビデオを、3D対応のBRAVIA などの 3D対応テレビ、および「プレイステーション3」(PS3○R )もしくは 3D対応ブルーレイディスクプレイヤ
ーを通してご家庭で楽しむことができます。3D対応テレビをご使用で無い場合は、自動的に2D再生となり、5.1ch 対応の環境をご使用で無い場合は、2chでの再生となります。
元気ロケッツは、今後もお客様に 3Dを通じて魅力ある「新たな音と映像の表現」をご提供していく予定です。
なお、同日、3D ミュージックビデオの世界初となるコンピレーション Blu-ray 3D Disc「音楽 3D 宣言!~3D Music VideoSelection Vol.00~」(XSXL-1)もリリースされ、「“make.believe”3D Music Clips e.p.」と共にブルーレイ 3Dソフト市場を盛り上げます。

【商品概要】
■アーティスト: 元気ロケッツ
■タイトル :「“make.believe”3D Music Clips e.p.」
■収録楽曲: ・make.believe ・Heavenly Star ・Star Surfer 以上、3 曲。 曲順未定。
■発売日 : 2010 年 12 月 22 日(水)
■価格 : 2,415 円(税込)
■品番 : SRXL-17
■発売元 : 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ
■トータルタイム : 15 分前後
※新曲「make.believe」はソニーグループのブランドメッセージ “make.believe” (メイク・ドット・ビリーブ)のあらわすスピリットからインスピレーションを得て、元気ロケッツが最新の 3D映像技術と音楽を組み合わせて仕上げた3D映像作品です。
※”make.believe”はソニー株式会社の商標です。

■元気ロケッツ プロフィール
元気ロケッツは、人類史上初めて宇宙で生まれた Lumi がフロントアクトを務める、映像と音楽の融合を実現したハイブリッド・プロジェクト。プロデュースを手掛けるのは、世界的に有名なゲームクリエイターの水口哲也と、YUKI、中島美嘉、flumpoolなど様々なアーティストへの楽曲提供やプロデュースを手がけるクリエイター集団アゲハスプリングス代表の玉井健二。

■新曲「make.believe」の 3D + フル CG + 5.1ch ミュージックビデオが日本のみならず、海外でも大変話題の元気ロケッツ。
その元気ロケッツがいよいよ 3D ミュージックビデオ集をリリース。新曲「make.believe」に加え、既存曲「Heavenly Star」と「Star Surfer」に 3D ミュージックビデオを作成しパッケージ化。3Dと言えば「元気ロケッツ」と言っても過言ではない程、最先端の映像業界でも評価されている。

■元気ロケッツの 3D ライブ概要
2010 年 5 月に六本木ヒルズアリーナで開催された Sony “make believe”のイベントのひとつ「dot park」で DJ & VJ による3D ライブ(4曲)を初披露し、そのライブを観ていた世界の関係者からも大好評!同年 6~7 月はワールドカップの行われた南アフリカで 3D ミュージックビデオが O.A.。その後もブラジル・リオデジャネイロ/サンパウロ、そして 8 月には東京・有明のグッドデザインエキスポでも上映。更に9月にはドイツ・ベルリンにて世界最大のエレクトリックショー「IFA」で 3D ライブを行い、大絶賛!10 月にはついに「上海万博」でもライブを行い(こちらのライブは 2D になります)、日本のみならず世界の“Genki Rockets”へと変貌を遂げた。

■3D(3 次元)映像について
3D 映像は、人が両目で物を見る仕組みを利用し、両目に対して縦横の情報に加え、映像の奥行き感や飛び出し感を再現します。3D 映像の撮影時には、右目用・左目用の2組のカメラを用いて、それぞれ異なっ
た角度で被写体を撮影します。視聴者は3D用メガネを着用し、再生時には、左右2組の映像を同時に上映、右目には右目用の映像だけを、左目には左目用の映像だけが見えるように画面に表示することで、視聴者の脳の中で左右 2 組の映像が重なり、立体的な映像として認識されます。(http://www.sony.co.jp/united/3D/

*「PlayStation」、「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。
*“Blu-ray 3D” ロゴは Blu-ray Disc Association の商標です。

【元気ロケッツ】http://www.genkirockets.com
【アゲハスプリングス】http://www.ageha.net/

以上

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください