PRESS RELEASE プレスリリース

CHEMISTRY、10 周年イヤーに向け、アジア活動本格化!! ~「2010 Mnet Asian Music Awards」に出演決定!~
~映画「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」(全世界主題歌:CHEMISTRY)2 月 19 日、日本公開!~

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2010年11月26日
株式会社デフスターレコーズ

11 月 28 日にマカオで開催されるアジア最大級の音楽授賞式「2010 Mnet Asian Music Awards(MAMA)」に、株式会社デフスターレコーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役 小林和之)所属アーティスト CHEMISTRY の出演が決定いたしました。

「2010 MAMA」は、1999 年に「Mnet KM MUSICVIDEO FESTIVAL」としてスタートした、11 年の歴史を誇るアジア最大級の音楽授賞式。韓国トップ・アーティストが参加する「授賞式」と「特別公演(ライブ)」が一緒になったこの音
楽アワードには、毎年その年に活躍した人気アーティストが結集、その年の韓国音楽界を総決算しています。「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」と名称を変更した昨年は、アジアの 10 の国と地域(日本、中国、タイ、台湾、
香港、フィリピン、マカオ、マレーシア、インドネシア、シンガポール)での生中継を実施。今年は、アジアはもちろんMnet US を通じてアメリカ等でも放送され、全世界で 18 億人が視聴可能となる予定です。

映画関連をはじめ数々の話題を提供し、韓国内でもよく知られる CHEIMSTRY のパフォーマンスに会場の注目が集まることが予想されます。
また、2011 年 3 月にデビュー10 周年を迎える CHEMISTRY が、全世界公開における主題歌「a bettertomorrow」を歌う、話題の超大作映画「男たちの挽歌」(原題「無敵者」)は、2 月 19 日日本公開が決定いたしまし
た。

1986 年公開のオリジナル版香港映画「男たちの挽歌」(原題「英雄本色」)監督のジョン・ウーが自ら制作総指揮をとる、総製作費 120 億ウォンの、リメイク版韓国映画「男たちの挽歌」(邦題)は、2010 年アジア最大の注目作。
「この映画で描かれている、兄弟愛や友情、その心の揺れ動き、葛藤を、10 年という月日を苦楽を共にし、兄弟のような存在の中で活動してきたであろう CHEMISTRY なら、充分に理解し表現してもらえるだろう」という映画制作サイドからの熱いラブコールに応える形で、映画「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」の主題歌に、日本人アーティストである CHEIMSTRY が決定し、映画の主題歌を韓国語で歌唱という異例の起用が実現しました。

【映画「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」】
チュ・ジンモ『カンナさん大成功です!』/ソン・スンホン『ゴースト もういちど抱きしめたい』
キム・ガンウ『シルミド/SILMIDO』 /チョ・ハンソン『連理の技』
製作総指揮:ジョン・ウー『レッドクリフ Ⅰ・Ⅱ』
監督:ソン・ヘソン『私たちの幸せな時間』
提供:Formula Entertainment
配給:東映 配給協力:テレビ朝日映像/フォーミュラエンタテインメント
2011 年 2 月 19 日(土)より全国公開
【宣伝お問い合わせ】〒106-0032 東京都港区六本木 7-18-8 岸田ビル
株式会社 リベロ 宣伝担当 青山、松田、谷口、出田、矢川
TEL:03-5786-3011/FAX:03-5786-3012

【CHEMISTRY コメント】
今回 映画「男たちの挽歌」全世界主題歌に起用されたことについての感想
堂珍:「男たちの挽歌」が歴史ある作品だと言うことで、本当に光栄です。今回、韓国の方々が聞いても伝わるように韓国語で歌いました。一つ一つの言葉を大切に届けたいと思います。

川畑:光栄です。韓国のアーティストが日本で活躍している姿はよく見ているので、今度は僕ら CHEMISTRY を韓国の人達に知ってもらいたいですね。この映画はそのチャンスです。何より以前から興味のあった韓国語で歌えたことが最高で、レコーディングがとても楽しめました。2002 年日韓ワールドカップの時や 2005 年日韓友情年のイベントの時に韓国のアーティストの方々と競演させていただいた経緯があるので、国は違うけどすごく近い存在というイメージです。その時に少し韓国語が混じった曲「Dancewith me(Korea/Japan Version)」を歌いましたがきちんと全編韓国語で歌うことは今回初めてです。

【映画「男たちの挽歌」関係者コメント】
◇プロデューサー 宮地大輔氏:僕は、この映画を4年前に企画しスタートしました。文化の違いもあり多くの苦難もありましたが、この映画や自身の音楽活動を通じ韓国をはじめ、アジア各国の多くの方々と触れ合うことができています。CHEMISTRY さんもこの映画の主題歌や音楽活動を通じて、アジア各国の架け橋になっていただきたいとの願いもあります。今回、韓国語での歌唱はとても勇気ある決断だったと思います。でも、それが大きな一歩であると思います。そして、本当に素晴らしいお二人の歌唱力がこの楽曲に息を吹き込み、本当に素晴らしい作品ができました。CHEMISTRY さんが、この映画の一部になったと実感しています。

◇ソン・ヘソン監督:訴えかける力強い歌声と驚く程流暢な韓国語で歌われた歌を聞いて、胸が躍りました。 良い音楽、良い歌が私の映画に挿入されるということに監督として非常に光栄であると自負しています。
◇プロデューサー パク・ヒョンジュン氏(フィンガープリント):映画主題曲である CHEMISTRY の歌を聞かせて頂きましたが、日本の歌手が韓国の歌詞で歌唱したにも関わらず、韓国の歌謡的情緒の楽曲を非常に上手く歌いあげて、映画の感情をより生かしており、共同製作者である Daisuke “DAIS” Miyachi 氏の作詞作曲が映画にさらなる光を与えてくれるだろうと確信しています。

■プロフィール
CHEMISTRY : 堂珍嘉邦 / 川畑 要
2001 年 3 月 7 日デビュー。1st シングル「PIECES OF A DREAM」が 16 週連続 TOP10 入りという驚異的なロングセラーを記録し、いきなりのミリオンヒット。1st アルバム「The Way We Are」は発売1週間で 200 万枚を売り切る勢いを見せ、最終的には出荷ベースで 300 万枚というモンスターヒットを記録。NHK 紅白歌合戦に初出場し、瞬間視聴率 No1(関東圏)獲得。これまでにシングル通算シングル 30 枚、アルバムでは(ベスト盤・企画アルバム含む)11 枚をリリース。『CHEMISTRY』はヴォーカルデュオの代名詞となり、CD 総売上枚数は 1,800 万枚を誇る日本を代表するアーティストとなった。
来年 2011 年 3 月 7 日でデビュー10 周年を迎える。

以上

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください