PRESS RELEASE プレスリリース

「欧州:アニメ配信プラットフォームの事業基盤の強化~仏Wakanim社への出資について」

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2015年4月24日
株式会社アニプレックス

株式会社アニプレックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:植田益朗、以下、アニプレックス)は、日本アニメの配信プラットフォームを運営するWakanim SAS(本社:フランス・リール、代表取締役社長:Olivier Cervantès、以下、ワカニム)に対して出資を実行しました。

出資の背景 ワカニムは、2010 年からフランス語圏を中心に日本のアニメを主とした配信サービスを展開し、現地のアニメファンに向けた事業の先駆者として市場をリードしてきた映像配信会社です。アニプレックスはワカニムが運営する映像配信サービス及びファンイベント等の事業を強化することで、更に多くのファンが楽しめるプラットフォーム事業基盤を確立し、欧州における日本アニメのマーケット拡大を目指してまいります。

アニプレックス 代表取締役 植田益朗 コメント
アニプレックスとワカニムは、弊社「魔法少女まどか☆マギカ」など多くの作品をフランスで配信展開してまいりました。ワカニムは、配信プラットフォームならではのソーシャルネットワークを駆使したマーケッティングのみならず、ネットとイベントを融合した先行上映会を開催するなど、アニメファンの心を掴む先駆的な試みを行っております。今回の資本提携により、アニメを愛するワカニムの若いチームと引き続き、ファン目線によるオンライン配信、関連グッツ販売、イベント開催等を充実させ、フランスのみならず欧州全土のアニメファンに直接日本のアニメ作品を届ける事を目指してまいります。日本のアニメの魅力を直接伝える事で、更にアニメに関連する新しいビジネスの開拓と拡大が出来ると確信しております。広く日本のコンテンツホルダ―の方々にも、ワカニムのプラットフォームを利用していただけるよう、きめ細やかなサービスを心掛け欧州における日本のアニメの発展・拡大に寄与して参りたいと思っております。

Wakanim SAS 代表取締役 Olivier Cervantès コメント
ワカニムはこの 5年間、仏語圏の映像配信サービス市場に挑む革新的な企業であり続けるよう努めてまいりました。 我々は日本のアニメ番組を配信するファーストウィンドーであり、インターネット上でファンを集めることに留まらず、劇場上映といったライブ・イベントにおいても新規ファンを開拓してきました。また、これまでに「ソードアート・オンライン」、「キルラキル」、「魔法少女まどか☆マギカ」、「進撃の巨人」などのヒット作品がフランスにおいて人気を得るに至る貢献をしてまいりました。 アニプレックスとのコラボレーションで、日本の視聴者が経験するものと同等のサービスを欧州でも提供することが可能となっておりましたが、今回のパートナーシップにより、我々は既存のビジネスモデルを改良し、新たなサービスを打ち出し、更には欧州の未着手の国々で事業を開始することが可能になります。これは欧州のアニメファンを活気づけるための革新的な風となり、更なる挑戦をもたらすだろうと考えております。ワカニムは世界的に成功を収めているアニプレックスとの提携をお知らせできることに興奮し、大変喜ばしく思っております。

【新体制の概要】
商号: Wakanim SAS
本社所在地: フランス・リール
代表者: Olivier Cervantès、後藤秀樹、末平アサ
主な事業内容: アニメのオンライン配信、アジア音楽を中心としたミュージックビデオ配信、劇場公開、関連グッズ販売・イベント開催等

<参考資料>
【アニプレックス 概要(平成 27 年 4 月 24 日現在)】
商号: 株式会社アニプレックス
本店所在地: 東京都千代田区
代表者: 代表取締役 夏目公一朗 / 代表取締役 植田益朗
主な事業内容: アニメーションを主とした映像作品の企画・製作および販売・映画配給

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください