沿革

1968年
3月

ソニー株式会社と米国Columbia Broadcasting System Inc.との合弁契約に基づき、東京都品川区にCBS・ソニーレコード株式会社として設立。資本金720百万円(出資比率50:50)。

4月

本社を東京都港区に移転。

8月

アナログレコード発売開始。

12月

静岡県志太郡大井川町(現焼津市)に静岡工場(現大井川プロダクションセンター)を竣工。

1969年
2月

アナログレコード生産開始。(最初の1枚はサイモン&ガーファンクル/アルバム「卒業 オリジナル・サウンド・トラック盤」)

12月

カセットテープ生産開始。

1971年
8月

新レーベル「EPIC」発足。

1973年
8月

会社名を株式会社CBS・ソニーと変更し、本社を東京都新宿区に移転。

1974年
8月

静岡工場をCBS・ソニーレコード株式会社として分離。

1978年
5月

ビデオソフト発売開始。

8月

全額出資にて株式会社EPIC・ソニーを設立。

9月

東京都新宿区に信濃町スタジオを完成。

1981年
8月

SD事業部新設、アーティストの発掘・育成を強化。

1982年
4月

コンパクトディスク(CD)生産開始。(最初の1枚はビリー・ジョエル/アルバム「ニューヨーク52番街」)

10月

CD発売開始。(初回全50タイトル)

1983年
8月

会社名を株式会社CBS・ソニーグループと変更。当社の企画制作部門を、株式会社CBS・ソニーとして分離。

1988年
1月

ソニー株式会社が米国CBS Inc.の所有していた当社の全株式を買収。

2月

ソニー株式会社よりビデオソフト・カラオケソフトの企画制作・製造・販売会社である株式会社ソニービデオソフトウェアインターナショナルの全株式を取得。

3月

株式会社CBS・ソニー、株式会社EPIC・ソニー、CBS・ソニーレコード株式会社および株式会社ソニービデオソフトウェアインターナショナルの4社を吸収合併。

1989年
11月

レーザーディスクの生産開始。

1991年
4月

会社名を株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントと変更。

11月

東京証券取引所市場第二部に上場。

1992年
4月

静岡県榛原郡吉田町に静岡第2プロダクションセンター(現静岡プロダクションセンター)を竣工。

4月

新レーベル「キューン・ソニーレコード」発足。

8月

ミニディスク(MD)生産開始。(最初の1枚はマライア・キャリー/アルバム「エモーションズ」)

11月

MD発売開始。(初回全88タイトル)

1995年
3月

SMEJ公式ホームページ「BIGTOP(現Sony Music Online Japan)」スタート。

1996年
6月

静岡プロダクションセンターが国際品質保証規格「ISO9002」の認証を取得。

1997年
2月

DVDソフト生産開始。(最初の1枚は株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの「ザ・シークレット・サービス」)

4月

静岡プロダクションセンターが環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得。

1998年
7月

茨城県那珂郡那珂町(現那珂市)に茨城プロダクションセンターを竣工。

8月

社章を“Sony Musicロゴタイプ”に変更。

1999年
4月

スーパーオーディオCD(SACD)ソフト発売開始。

12月

インターネットによる邦楽新譜CDシングルタイトル曲の有料音楽配信を開始。サービス名称:bitmusic(ビットミュージック)

12月

東京証券取引所における当社株式の上場廃止。

2000年
1月

ソニー株式会社と株式交換。同社の完全子会社となる。

2月

コーポレート・エグゼクティブ制度(執行役員制度)を導入。

2001年
1月

レコード制作の一部門を株式会社デフスターレコーズとして分離。

3月

東京都港区にSME乃木坂ビル竣工。(B1F~B3FにSony Music Studios Tokyoを併設)

5月

ソニーミュージックグループ総合ECサイト「EGSTREET」(現Sony Music Shop)オープン。

6月

ブロードバンドマガジン「MORRICH」スタート。

6月

本社を東京都千代田区(SME六番町ビル)に移転。

10月

レコード制作部門を株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル、株式会社ソニー・ミュージックレコーズ、株式会社エピックレコードジャパン、株式会社キューンレコード、株式会社ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズとして分離。営業部門を株式会社ソニー・ミュージックディストリビューションとして分離。製造部門を株式会社ソニー・ミュージックマニュファクチュアリングとして分離。

2002年
2月

ソニーミュージックグループが環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得。

12月

CD音源の携帯電話向け配信サービス「着うた®」開始。

2003年
4月

株式会社ソニー・ミュージックレコーズより、株式会社エスエムイーレコーズを分離。前身の株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントを、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(社名継承)と、株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントとに、会社分割。

2004年
11月

携帯電話向け配信サービス「着うたフル®」開始

2005年
4月

デジタルネットワークを最大限に活用した新しい音楽マーケットの創造に向けて、株式会社ソニー・ミュージックネットワークを設立。

2006年
4月

株式会社ソニー・ミュージックアーティスツの各制作部門および傘下会社を再編・統合し、新たにマネージメント・カンパニーとして株式会社Hit&Run、株式会社SMAエンタテインメント、株式会社SMAプレイヤーズ、株式会社ニューカム、株式会社ミュージック・タブロイド、株式会社ヴィレッジミュージックを発足させ、アーティスト・マネジメント事業グループを形成。

4月

株式会社ソニー・ミュージックマニュファクチュアリング、ソニー株式会社に資本移動。

11月

ブルーレイディスクソフト(BD)発売開始。

12月

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントを存続会社とし、株式会社ソニー・カルチャーエンタテインメントを吸収合併。

2008年
10月

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが株式会社BMG JAPAN を完全子会社化。

12月

Blu-spec CDを発売開始。

2009年
4月

アーティスト・マネジメント事業グループを、 株式会社ソニー・ミュージックアーティスツに吸収合併。(株式会社ヴィレッジミュージックを除く)

10月

株式会社BMG JAPANの邦楽部門を株式会社アリオラジャパンとして新設分割。洋楽部門「RCA/JIVEグループ」は、株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルに吸収分割。

2011年
4月

株式会社ソニー・ミュージックアーティスツが株式会社ヴィレッジミュージックを吸収合併。

2012年
4月

メディアビジネスグループの再編により株式会社ミュージック・オン・ティーヴィと株式会社ソニー・マガジンズを統合し、新商号を株式会社エムオン・エンタテインメントに変更。また株式会社ホールネットワークに企画制作部門を設置し、新商号を株式会社Zeppライブエンタテインメントに変更。

4月

株式会社キューンレコードの商号を株式会社キューンミュージックに変更。

10月

株式会社ソニー・ミュージックアーティスツが株式会社ウエストサイドを吸収合併。

12月

Blu-spec CD2を発売開始。

2014年
4月

株式会社ソニー・ミュージックレコーズが、株式会社エスエムイーレコーズ、株式会社ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ、株式会社エピックレコードジャパン、株式会社デフスターレコーズ、株式会社アリオラジャパン、株式会社キューンミュージック、株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルの7社を吸収合併の方法により統合し、新商号を株式会社ソニー・ミュージックレーベルズに変更。

4月

株式会社ソニー・ミュージックディストリビューションが、株式会社ソニー・ミュージックネットワークを吸収合併の方法により統合し、新商号を株式会社ソニー・ミュージックマーケティングに変更。

6月

株式会社Zeppライブエンタテインメントの商号を株式会社Zeppホールネットワークに変更。新たに株式会社Zeppライブを設立。

2015年
4月

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが株式会社ソニーDADCジャパンを完全子会社化。

4月

株式会社レーベルゲートが株式会社クリップゲートを合併。

2017年
4月

株式会社番町製作所の商号を株式会社Quatro Aに変更。

2018年
10月

株式会社A-1 Picturesの事業の一部を会社分割し、株式会社CloverWorks設立。

2019年
4月

株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズが、株式会社ソニーDADCジャパンおよび株式会社ジャレードの2社を吸収合併の方法により統合し、また株式会社ソニー・ミュージックマーケティングのマーケティンググループの一部事業を吸収分割の方法により承継し、新商号を株式会社ソニー・ミュージックソリューションズに変更。

2020年
4月

株式会社ソニー・ミュージックソリューションズが、株式会社ソラシア・エンタテインメントを吸収合併の方法により統合し、また株式会社エムオン・エンタテインメントを株式交換により子会社化。

4月

株式会社アニプレックスの子会社として株式会社Boundaryを設立。