プレスリリース

【マイケル・ジャクソンBAD25周年最新プロジェクト】スパイク・リー監督のドキュメンタリー作品『BAD25』の ”特別編集版”番組『マイケル・ジャクソン BADのすべて』 が12月28日(金)、NHK総合にて放送決定!!

2012年12月4日
株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役  石橋正)は、2012 年 12 月28 日(金)夜 24 時 25 分~26 時 04 分(99 分)に、マイケル・ジャクソンの BAD25 周年最新プロジェクトとして、長編ドキュメンタリー作品  『BAD25』  の 特別編集版   番組、『マイケル・ジャクソン BAD のすべて』 が NHK 総合にて放送決定したことをご報告致します。 

『BAD25』 は、数々の受賞に輝く、世界的に著名な映画監督スパイク・リーによる長編ドキュメンタリー(総尺は 131 分で、この度放送が決定したのは 63 分の “特別編集版")。同作品は、KING OF POP=マイケル・ジャクソンの代表作となった、25 年前のアルバム『BAD』や、そこから発表された数々のショート・フィルム制作の舞台裏、そしてそこに注ぎこまれたマイケルのクリエイティヴなヴィジョンの数々に新鮮な切り口で迫った画期的な作品となっており、2013 年 1 月 10 日に発表される第 85 回アカデミー賞®ドキュメンタリー部門へのノミネートも期待されています。
   
アカデミー賞®ノミネート経験を持ち、自身も熱心なマイケル・ファンであるスパイク・リー監督は、マイケル・ジャクソン・エステートとレガシー/エピック・レコード(米 SME)の協力のもと、アルバム 『BAD』 とショート・フィルムの制作、そして BAD ワールド・ツアー実現に至るまでのマイケルの様子を捉えた映像素材を、エステートのアーカイヴの中から徹底的に調査。数々の貴重な未発表映像を探し出し、当時のマイケルを突き動かしていたクリエイティヴィティーを全編に映し出す事に成功しています。『BAD25』は、マイケルのアルバム『BAD』及びツアーの舞台裏を深く描いた初の映像プロジェクトであり、マイケルの代表作となったこのアルバム、あらゆる新記録を打ち立てたワールド・ツアー、そして音楽史を塗り替えた画期的なショート・フィルム群の誕生から 25 周年を記念して制作されたもの。
 
ドキュメンタリーには、マイケルの数々の貴重な未発表映像に加え、スパイク・リー監督自らが行った、マイケルの腹心といえるスタッフ、エンジニア、コリオグラファー、ミュージシャン、アーティスト、その他関係者へのインタビューが数多くフィーチャーされており、マイケルと共に『BAD』の映像制作に関わったアカデミー賞®受賞映画監督マーティン・スコセッシやジョー・ピトカなども登場。音楽アーティストによる最もビビッドでクリエイティヴなストーリーテリング作品として、今日も活き活きと輝きを放ち続けるショート・フィルムの秘密にも迫ります。ファンにとっては、クリエイティヴに没頭するマイケルの未公開の姿を初めて目にする事が出来る他、「スムーズ・クリミナル」で歌われる アニー とは誰?といった疑問や、『BAD』でなぜマイケルが「Come On!」を「シャモン」と発音しているのかなど、沢山のトリビア的な発見も出来る貴重な作品となりました。

そしてこの度、同作品の “特別編集版" 『マイケル・ジャクソン BAD のすべて』 が 12 月 28 日(金)の夜 24 時 25 分から 26 時 04 分(99 分)、NHK 総合にて放送決定!番組では、ドキュメンタリー・フィルム『BAD25』(63 分)に加え、アルバム『BAD』からのショート・フィルムや BAD ツアーからの貴重なライヴ映像なども交えて紹介。『BAD25』は、もちろん日本での初お目見えとなります。なお、本作品が放送される 12 月 28 日は、  1988 年に、マイケルが BAD ジャパン・ツアー全 23 公演を終えて日本を発ったメモリアル・デーとなっています。 

この作品の TV 放映についてスパイク・リー監督は、
「我々はあまりに長い間、マイケルの音楽とは関係ない部分にばかり着目してきました。今こそ、改めてマイケルの音楽と彼の才能に注目すべき時。この  『BAD25』  が TV 放映される日は特別な 1 日になりますよ。全国の家族がマイケル・ジャクソンの天才ぶりをお茶の間で楽しめるんですから。歴史的な作品のメイキングを皆さんに届けてくれる放送局に大感謝です。シャモン!」
とコメント。 

音楽史を永遠に塗り替えてしまったマイケル・ジャクソンの未公開の姿が明らかになる、スパイク・リー監督の  『BAD25』。スパイク・リーによるドキュメンタリー作品としては、 When The Leeves Broke:A Requiem In Four Acts (ピーボデイ賞、エミー賞®受賞)、その続編となる  If God Is Willing And Da Greek Don t Rise 、 Kobe Doin  Work 、 4 Little Girls (アカデミー賞®ノミネート)などがあり、マイケル・ジャクソン作品では  They Don t Care About Us(1996) のショート・フィルム 2 本と、 This Is It‑Tribute(2009)   ショート・フィルムの監督も務めています。

*スパイク・リー監督による本作『BAD25(131min)』は、第 69 回ベネチア映画祭  でのワールドプレミア(イタリア:2012 年 8 月 31 日)、オデオン・ウエスト・エンドでのロンドン・プレミア(イギリス:同 9 月 2 日)、トロント映画祭(カナダ:同 9 月 15 日・16 日)に加え、NY のロウズ・シアター(10 月 19 日から 26 日 の 8 日間)、LA のハリウッド・チャイニーズ・シアター(10 月 26 日〜11 月 2 日の 8 日間)でのみ、限定公開された。

アルバム『BAD』  (1987 年 8 月 31 日全世界同時リリース作品)

BAD=ヤバい/イケてる/クールなどの意味の米俗表現 

クインシー・ジョーンズがプロデュースした、EPIC 移籍後 3 枚目のマイケル・ジャクソンのオリジナル・アルバム。収録曲 11 曲のうち 9 曲がマイケル自身の作詞・作曲によるもので、アルバム全体の共同プロデューサーとしてもマイケルがクレジットされるなど、様々な意味で画期的なアルバムとなった。アメリカ(6 週連続 1 位)、日本を含む全世界 25 カ国のナショナル・チャートで No.1 となり、シングルはビルボード・チャート史上初となる同一アルバムからの 5 曲連続 No.1 を獲得。  『BAD』、『スムーズ・クリミナル』など旋風を巻き起こしたショート・フィルム 9 本がこのアルバムから生まれ、今日までに全世界で 4500 万枚の売り上げを記録している。グラミー賞 6 部門にノミネートされ、2部門で受賞。MTV VMA アワードでは初めてのビデオ・ヴァンガード・アワードを受賞した。

日本国内での『BAD』(推定売上枚数  130 万枚)
オリコン週間 LP チャート第 1 位(1987 年 9 月 28 日、10 月 12 日付)
オリコン週間 LP&TAPES チャート第 1 位(1987 年 9 月 28 日)
オリコン週間アルバムチャート第 1 位(1987 年 10 月 5 日、10 月 12 日付)
オリコン年間 CD チャート 1 位(1987 年)

BADワールド・ツアー(1st レグ:1987年9月12日-11月28日/2nd レグ:1988年2月23日-1989年1月27日)

マイケルのソロ・アーティストとしての初めてのコンサート・ツアー。伝説となったこのツアーは、123回のコンサートから成り、16ヶ月間以上にも及び、440万人以上の観客を動員した。最終的には動員数、売り上げなど、あらゆるコンサートの記録を破り、史上最高売り上げツアー、史上最大の観客動員、そしてウェンブリー・スタジアムにおける史上最高数の満員御礼と、ギネスブックに新しい項目を3つ追加することになった、エポック・メイキングなツアーである。 

★★★BADジャパン・ツアー  1stレグ(1987年)★★★
(計14公演:観客総動員数43万人)
9月12日,13日,14日  後楽園球場
9月19日,20日,21日  阪急西宮球場
9月25日,26日,27日,10月3日,4日 横浜スタジアム
10月10日,11日,12日 大阪球場

★★★BADジャパン・ツアー  2ndレグ(1988年)★★★
(計9公演:観客総動員数47万人)
12月9日,10日,11日,17日,18日,19日,24日,25日,26日
全公演東京ドーム

*1st レグと 2nd レグの合計で、BAD ツアーの国内観客総動員数は、90 万人。これは、一度のツアーによる国内外を含めたソロ・アーティスト歴代最多動員数記録。 

マイケル・ジャクソン関連素材(ジャケット写真/アーティスト写真/ビデオクリップなど)に関するお問い合わせ
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル  宣伝部
BAD25 日本公式サイトwww.sonymusic.co.jp/MJ