PRESS RELEASE プレスリリース

マイケル・ジャクソン『BAD25周年記念盤』、9月19日発売!

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2012年5月22日
株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役 石橋正)より、2012 年 9 月19 日(予定)に、マイケル・ジャクソンの『BAD25 周年記念デラックス・エディション』をリリースすることが決定致しました。

『BAD25 周年記念デラックス・エディション』は、コレクターズ・ブックレット 2 冊、CD3 枚、そしてあの「BAD ツアー」初の公式ライヴ DVD という内容から成る、4 枚組の文字通り ”デラックス“ な超豪華パッケージ。この企画は、“Who’s Bad”の決めゼリフが大流行したあの時から 25 年、ソニー・ミュージックとマイケル・ジャクソン・エステートとのコラボレーションのもと、あらゆる記録を打ち破った伝説的なアルバム『BAD』と、「BAD ツアー」の軌跡を甦らせる作品となります。

『BAD25 周年記念デラックス・エディション』(4 枚組:3CD+1DVD)収録内容

【DVD】 ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム
本エディションの目玉は、1988 年 7 月 16 日に行われた、マイケルの伝説的なウェンブリー・スタジアム公演の DVD。いくつかの公演でのパフォーマンス映像の組み合わではなく、ひとつの完全なショーとして収録されており、本 DVD では、チャールズ皇太子、ダイアナ妃、そして観客席を埋め尽くした 72000人のファンのためにマイケルが行ったその夜のショーを、完全な形で見ることができる。このショーは、同スタジアムで行われた7日間公演のうちのひとつで、ウェンブリー公演は観客動員数 50 万人を超える記録を打ち立てた。実際にチケットを手に入れようと並んだ人は 150 万人以上と言われている。今回の DVD は、当日のライヴ会場の巨大スクリーンにリアルタイムで映し出されていた映像を、VHS でマイケル自身が個人的に所有していた素材から起こしたもの。ごく最近発掘されたこのテープは、このコンサートの現存する唯一のフル映像と考えられている。もちろん映像はデジタル修復され、サウンドはファンのみなさんがその有名な一夜の興奮を共有できる様、整えられ向上したものになる。

【CD1】オリジナルの『BAD』アルバムのリマスター盤

【CD2】未発表アウトテイク、デモ音源、NEW リミックス音源集
マイケルのパーソナル・スタジオ、ハイヴェンハーストで録音された未発表音源を集めた CD。アルバム収録曲の制作初期段階のデモや、最終的にはアルバムには含まれなかったアウトテイク曲も含まれる。すべて、『BAD』セッションの時に録音された状態のまま、完全に無修正の状態で今回初めて発表される。更に、世界的に有名な DJ やプロデューサーたちによる新しいリミックスも収録される。

【CD3】 ライヴ・アット・ウェンブリ―・スタジアム
1988 年 7 月 16 日、ウェンブリー・スタジアム公演の音源を収めた CD。史上初めてリリースされるマイケル・ジャクソンのライヴ・アルバムであり、BAD ツアーのコンサート音源としては、マルチトラックで現存が確認されている唯一のもの。

この超豪華 3CD/1DVD ボックス・セットには、さらに 2 冊の特別なブックレットが含まれます。レコーディング・セッション、ビデオ収録のセットやコンサート・ツアーにおけるマイケルの未発表写真、オリジナルの BAD のカヴァー・アート、両面ポスターなど、盛りだくさんな内容となります。また、デラックス・エディションの他に、リマスターされたオリジナル・アルバムと、未発表音源や新リミックスのCD から成る 2 枚組の『BAD25 周年記念スタンダード・エディション』、スタンド・アローン(単体)の DVD『ライヴ・アット・ウェンブリー』も同時発売となります。

なお、6 月6日には、『BAD25 周年記念盤』のリリースに先駆け、25 年前にアルバム『BAD』からの先行シングルだった「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー|I Just Can't Stop Loving You」を CD シングルとして発売致します。本シングルの表題曲は、発表当時の ”マイケルの語り入り“ のオリジナル・シングル・エディットで、カップリングには『BAD』制作期の未発表音源「ドント・ビー・メッシン・ラウンド|Don’t Be Messin’ ‘Round」が収録されます(デジタル配信はございません)。

アルバム『BAD』:
クインシー・ジョーンズがプロデュースした、EPIC 移籍後 3 枚目のマイケル・ジャクソンのオリジナル・アルバム(1987 年 8 月 31日にリリース)。収録曲 11 曲のうち 9 曲がマイケル自身の作曲によるもので、アルバム全体の共同プロデューサーとしてマイケルがクレジットされるなど、様々な意味で画期的なアルバムとなった。アメリカ(6 週連続 1 位)、日本を含む全世界 25 カ国でナンバー・ワンとなり、シングルはビルボード・チャート史上初となる同一アルバムからの 5 曲連続 No.1 を獲得。『BAD』、『スムーズ・クリミナル』など旋風を巻き起こしたショート・フィルム 9 本がこのアルバムから生まれ、今日までに全世界で 4500 万枚の売り上げを記録している。グラミー賞 6 部門にノミネートされ、2 部門で受賞。MTV VMA アワードでは初めてのビデオ・ヴァンガード・アワードを受賞した。収録曲は: 「BAD(全米 1 位)」 「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール(全米 1 位)」 「スピード・デーモン」 「リベリアン・ガール」「ジャスト・グッド・フレンズ featuring スティーヴィー・ワンダー」「アナザー・パート・オブ・ミー(全米 11 位)」 「マン・イン・ザ・ミラー(全米 1 位)」「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー(全米 1 位)」「ダ-ティ・ダイアナ(全米 1 位)」「スムーズ・クリミナル(全米 7 位)」で、「リーヴ・ミー・アローン」が CD のリリース時に追加された。

「BADワールド・ツアー」:
マイケルのソロ・アーティストとしての初めてのコンサート・ツアー。伝説となったこのツアーは、123回のコンサートから成り、16ヶ月間以上にも及び、440万人以上の観客を動員した。最終的には動員数、売り上げなど、あらゆるコンサートの記録を破り、史上最高売り上げツアー、史上最大の観客動員、そしてウェンブリー・スタジアムにおける史上最高数の満員御礼と、ギネス・ブックに新しい項目を3つ追加することになった、エポック・メイキングなツアーである。

マイケル・ジャクソン・エステートのジョン・ブランカ、ジョン・マクレーンのコメント:

「『BAD』の時代は、ソロ・アーティストとしてのマイケルが、自分のキャリアのあらゆる側面に対して自ら舵取りを始めた、クリエイティブ創生期とも言える時代だ。この頃からマイケルは、レコーディング、ツアー、CM、マーチャンダイジングなど、すべてを自らの手で行うようになっていった。ほぼ全曲がマイケル自身による作曲というのも、このアルバムが初めてだ。そして『BAD』からカットされたシングルは 5 曲連続全米 No.1 という大記録を打ち立てた。25 年間ものあいだ、この記録に並ぶアーティストが出なかったことを見てもその凄さがわかるだろう。そして、このアルバムでマイケルは初めて自らのビジョンを掲げ、すべての決定を自分で行いながらソロ・ツアーを行った。アルバム『BAD』とそのツアーの大成功は、作曲家、パフォーマー、プロデューサーとしてのマイケルを大きく飛躍させた。キング・オブ・ポップという称号は、この時から揺るがぬものになったと言っていいだろう。マイケル史におけるそんな大切な時代を記念すべく、今回のリリースを行えることは我々にとってもこの上ない喜びだ。」

本件、『BAD25 周年記念盤』に関する更に詳しい情報、またその他のエキサイティングな企画については、近々追加の発表が予定されている。

BAD25 周年記念デラックス・エディション(4 枚組:3CD+1DVD)

DISC1 (CD) オリジナルの『BAD』アルバムのリマスター盤
DISC2 (CD) 未発表アウトテイク、デモ音源、NEW リミックス音源集
DISC3 (CD) ライヴ・アット・ウェンブリ―・スタジアム(オーディオ)
DISC4 (DVD) ライヴ・アット・ウェンブリ―・スタジアム

BAD25 周年記念スタンダード・エディション(CD2枚組)

DISC1 (CD) オリジナルの『BAD』アルバムのリマスター盤
DISC2 (CD) 未発表アウトテイク、デモ音源、NEW リミックス音源集

ライヴ・アット・ウェンブリー 7.16.1988 (1DVD)

上記3タイトル 2012 年 9 月 19 日発売予定(価格未定)www.sonymusic.co.jp/MJ

キャント・ストップ・ラヴィング・ユー(CDシングル)

01.キャント・ストップ・ラヴィング・ユー(with スポークン・イントロ)【オリジナル・シングル・エディット】
02.ドント・ビー・メッシン・ラウンド(デモ)未発表音源
EICP1540 定価¥700(税込) 2012 年 6 月 6 日発売

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください