PRESS RELEASE プレスリリース

横浜・みなとみらい21地区に新「Zepp」誕生! コーエーテクモゲームスのホールを運営

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2017年3月30日
株式会社Zeppホールネットワーク

株式会社Zeppホールネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役:妹尾 智、以下ZEP)は、三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:杉山 博孝)が神奈川県横浜市のみなとみらい21地区(47街区)に建設計画中の複合施設のうち、株式会社コーエーテクモゲームス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:鯉沼 久史)が取得予定のライブハウス型ホールの運営を行うことで基本合意しました。

複合施設には、約2,000名(スタンディング時)収容規模のライブハウス型ホールのほか、コーエーテクモゲームス本社オフィスと株式会社東急ホテルズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小林 昭人)が運営する約230室のホテルが出店。このライブハウス型ホールは、設計段階からZEPとコーエーテクモゲームスとの共同で計画を進め、「Zepp」の音楽ライブハウスとしての特長と、コーエーテクモゲームスのエンタテインメント事業のノウハウを取り入れた、新しいスタイルのホール「(仮称)KT Zepp Yokohama」として2020年春に開業する予定です。
「Zepp」としては今年2月開業の「Zepp Osaka Bayside」及び2018年度開業予定の「Zepp Fukuoka」に続き、全国で6拠点8カ所目となります。
今後とも幅広くエンタテインメント文化の発展に寄与できるよう、積極的に取り組んで参ります。


<「(仮称)KT Zepp Yokohama」ホール概要>
建設予定地: 神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目3番2(みなとみらい線「新高島」駅徒歩2分、JR「横浜」駅徒歩10分)
敷地面積 : 約8,670㎡(複合施設全体)
ホール面積: 約3,000㎡
収容人員 : 約2,000名(スタンディング時)
開業時期 : 2020年春(予定)

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください