PRESS RELEASE プレスリリース

「Peanuts Holdings LLC」の持分を取得する確定契約を締結

  • Facebook シェア
  • ツイート
  • PDFダウンロード

2018年5月14日

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(本社:東京都千代田区、代表取締役:水野道訓 以下、SME)とDHX Media Ltd.(本社:カナダ・ノバスコシア州、代表取締役:マイケル・ドノバン 以下、DHX Media)は、DHX Mediaが保有するPeanuts Holdings LLCの持分80%のうち49%を、SMEが間接的に取得する確定契約を締結しましたのでお知らせします。本取引の結果、DHX MediaがPeanuts Holdings LLC全体の持分の約41%、SMEが約39%を保有し、残りの20%は「ピーナッツ」の原作者 チャールズ M.シュルツのファミリーが引き続き保有することとなります。

SMEは今後、世界有数のIPとして知られる「ピーナッツ」のコンテンツホルダーとして、ソニーミュージックグループが持つキャラクタービジネスのノウハウを活用し、「ピーナッツ」に関わるIPビジネスの拡大と、さらなるブランド力の向上を目指してまいります。

■「ピーナッツ」について
スヌーピーでおなじみのコミック「ピーナッツ」(原題:PEANUTS/原作者:チャールズ M.シュルツ)は、1950年10月2日にアメリカの7紙で連載がスタートしました。 現在も75カ国21の言語、2,200紙で掲載されており、2020年には生誕70周年を迎えます。

■DHX Mediaについて
DHX Mediaは子供向けのコンテンツやブランドを保有する大手企業で、「ピーナッツ」をはじめ、「テレタビーズ」、「ストロベリーショートケーキ」、「ケイルー」、「ガジェット警部」のほか、高い評価を受けている「デグラッシ」シリーズといった資産を保有していることで世界的に知られています。子供向け番組制作における世界的な大手企業として、DHX Mediaが保有する子供向け30分番組のライブラリーは世界最大の13,000に上り、これらのグローバルな消費者向けコンテンツを世界中の放送局やストリーミングサービス事業者へ提供することにより、ロイヤリティ収益を生み出しています。また、DHX Mediaは子会社であるWildBrain社を通じて、YouTube内最大の子供向けチャンネルの一つを運営しています。DHX Mediaはカナダに本社を置き、全世界に事業拠点を持っています。

※今回の取引に際してSMEは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社を財務アドバイザーとして起用し、
 外国法共同事業オメルベニー・アンド・マイヤーズ法律事務所を法務アドバイザーとして起用しました。

お問い合わせ

内容に応じて専用窓口よりお問い合わせください